マキベリーとブルーベリーを比較してみるとこのような結果に!?

健康によい。目の疲れによく効く。

そういった理由でブルーベリーを食べたり、ドリンクを飲んだり、
あるいはサプリメントを服用している方は多いと思います。

実際に私自身パソコンを1日中使用する仕事をしているため、
常にブルーベリーサプリメントなどを使用していました。

ですが、思っていたほど効果はなく、
頭痛や肩こりに悩まされていました。

まあどこでも売っている格安サプリメントであり、
成分量が気休め程度のものだったので仕方がありませんでしたが。

そこで、なにかいいものがないかな?と思っていたところ、
マキベリーの存在を知りました。

マキベリーにはブルーベリーよりも遥かに成分量が豊富である
という特徴があることも知り、早速試してみることにしました。

ちなみに両者の成分を比較してみるとこのような感じだそうです。

目の疲れに有効と言われているのはアントシアニンと呼ばれる
ポリフェノールであるとされています。

そしてこの表を見て分かる通り、マキベリーに含まれているポリフェノールは、
ブルーベリーの14倍とされています。

これだけの成分量の差があれば得られる効果は違うのではないかと思い、
早速試してみることにしました。

その当時はアサイーベリーが流行っていたので、そちらも考えたのですが、この表を見てみると、やはりマキベリーが優秀なようでしたし。

目の疲れや肩こりに悩まされている私にとっては、
とにかく成分量が豊富な方が良いということもあり、
マキベリーを試してみることに。

価格が意外と安かったということもありましたし。

マキベリーのサプリメントは市販品がほとんどなく、
通販で取り扱っているものばかりだったのですが、
アサイーベリーサプリは3,000円程度、ブルーベリーサプリは2,000円程度。

このような価格設定に対して、マキベリーは高いかと思いきや、
2,500円程度で購入できる手頃なサプリメントがあり、
これだ!と瞬間的に思い、早速試してみることにしました。

成分量が豊富でレアな果物と言われているのにもかかわらず、
価格が意外と安いのはとても助かりましたし、
なぜかアサイーベリーサプリよりこっちの方が安かったので。

私が試したサプリメント。

それはクッキリンと呼ばれるものです。

このような商品になります。

マキベリーエキスの配合量もかなり多いのですが、
各種ビタミンはもちろん、アントシアニンと同じ効果を持っていると言われているルテイン。

さらに画像には書かれていませんが、DHAやEPAといった、
血液をサラサラにしてくれる成分もセットで配合されており、
今でもこれ以上のサプリメントにはなかなか見つけられません。

とりあえず目の疲れや頭痛、肩こりなどが良くなればいいやと思って購入してみたのですが、嬉しい特典として、これはタブレットタイプのサプリメントでした。

つまり、味を楽しみつつサプリメントとして使用可能ということです。

この手の果物は酸味が強いイメージが有り、酸っぱいのが苦手な私にとっては、
少し不安もありましたが、普通に甘くて美味しかったです。

で、肝心の効果というと、1ヶ月ほどでだるさや頭痛の症状が良くなってきました。

これ、ウソのように感じますが、マジ話です(笑)

ブルーベリーサプリメントをいくら使用しても駄目だったのに、
マキベリーサプリに切り替えたら、わずか1ヶ月ほどで良くなってきました。

これには本当に驚きました。

アントシアニンの数量が違うだけで、ここまで体調の変化が訪れるとは。

結果的に見ると大正解だったと思います。

マキベリーの味も気に入り、最近ではサプリメントのほか、
パウダーなんかも購入して味を楽しむようになってきました。

ということで、ブルーベリーとマキベリーの比較。

マキベリーの方に軍配が上がりました。

少し高いかもしれませんが、それ以上に効果が得られたと私は思います。

 

マキベリーはどこで買える!?実はかなり制限がある果物だった!?

マキベリーは販売形態、市場流通のどちらも他のベリー系の果物より少ないです。

例えばあなた自身がアサイーベリーやブルーベリーを食べた、
あるいはサプリメントなどを使用したことがあれば分かると思います。

マキベリーサプリってスーパーやコンビニなどで販売されてないですよね?

例えばドリンク。

いまやコンビニなどでも健康に良いとして
アサイードリンクやブルーベリードリンク。

普通に販売されていますよね?

私自身ブルーベリーヨーグルトが大好きで、
仕事帰りによく飲んだりします(笑)

そのときにふと思ったんです。

マキベリーって全くないよなって。

やはり希少な果物と言われている以上、市場の流通量も極端に少ないということでしょうか。

マキベリー自体チリの高原地帯の一部でしか生産されていない果物ですので、
知名度という点ではかなり低いです。

もしかしたらあなた自身がマキベリーという果物を知らないのかもしれませんね。

さて、前置きが長くなりましたが、
マキベリーを購入できるのはどこなのでしょうか?

それはネット通販になります。

先程の話に戻りますが、マキベリー自体が希少な果物であり、
絶対的な生産量が少ないため、市場にはあまり出回っていません。

スーパーやコンビニなどではあまり見かけませんし、
少なくとも私自身ネットでその存在を知った経緯があります。

ですがインターネット通販の大手であるAmazonや楽天などでは
意外と販売されており、普通に購入することができます。

ですので、マキベリーを実際に購入するとなった場合、
ネット通販が基本になるでしょう。

実は販売形態も少ない果物!?

例えばアサイーベリーやブルーベリーをそのまま食べたことがある人は多いのではないでしょうか?

私自身食べたことがありますが、酸味があり甘みもあり、
結構美味しいです。

カフェなんかでドリンクを飲んだこともありますが、
普通に美味しいので結構飲んだりもしました。

ではマキベリーはどうなのでしょうか?

実はマキベリーに関してはこういったドリンク、食用のものはまずありません。

楽天やAmazonなどを探してみても、まず見つけられないです。

これも生産量が圧倒的に少ないということなのでしょうか。

マキベリーの販売形態の基本となるのは、
サプリメントやパウダーのみとなります。

ガチでマキベリーのドリンクはなかなか見つからないです。

ですので、味を楽しみたい場合はパウダーということになるでしょうし、
成分量を求めている場合はサプリメントということになります。

これらの特徴を見てみればあまり魅力がない果物のように感じてしまいますよね?

少なくとも私自身はブルーベリーを食べたとき、
本当に美味しいって思いましたし、その当時は結構自分で食べていました。

ではマキベリーには魅力があまりないのでしょうか?

答えはもちろんNOです。

マキベリーの最大の特徴は優れたポリフェノールです。

こちらの表を見てもらえれば分かりますが、
マキベリーはアサイーベリー、ブルーベリーとは比較にならないほどの
成分量があり、これが最大の魅力と言えるでしょう。

少なくともブルーベリーやアサイーベリーをただ美味しいという理由だけで飲んでいる人はあまりいないでしょう。

何かかしらの健康効果を狙っている方は多いのではないでしょうか?

もしかしたらあなた自身がそうなのかもしれませんし。

ですが先程のとおり、マキベリーは他の果物を圧倒的に凌ぐポリフェノールを含んでおり、アンチエイジング、目の疲れを癒す効果、疲労回復など、さまざまな健康効果が見込まれています。

ですので、味を二の次に考えられるのであれば、マキベリーを選択しておいて損はないでしょう。

あなたもマキベリーで健康効果を狙ってみませんか?

 

マキベリーサプリメントおすすめはこちら

マキベリーが美容に良いとされている理由は何?実は抗酸化力によるもの

マキベリーは従来より美容に良い果物と言われてきました。

これは同系列の果物であるアサイーベリーなんかを
例に挙げるとわかりやすいかと思います。

アサイーベリーは健康に良い、美容に良い・・・。

何となくそのようなイメージが有るのではないでしょうか?

これはもちろんガセ情報といった類のものではなく、
アサイーベリーが持っている抗酸化力によるものです。

抗酸化力とは、一言で言えば酸素に対して抵抗する力と言われています。

当たり前の話ですが一応説明しておくと、
私たちは酸素によって生命活動を維持しています。

ですがそれは細胞が酸素と結合する、
いわゆる酸化することになります。

参加した物質は錆びてしまい、
従来と同じように活動することができなくなります。

例えば錆びた車なんかをイメージしてもらえれば分かりますが、
古い車が錆びているのを見たことがある人は多いでしょう。

これはもちろん、酸素によって車の鉄が錆びてしまい、
酸化しているということであり、元通りのツヤが出てこなくなります。

これは私達でも同様であり、
呼吸によって酸素を体内に取り込みますが、
同時に酸素によって細胞が酸化してしまうということになるのです。

これは人間の仕組みである以上やむを得ないものと言われていますが、
これに対して抗酸化力が存在します。

抗酸化力とは、酸化した細胞から酸素を切り離す能力のことであり、
この数値が優れているということは、
細胞の活性化に期待が持てるということになります。

これが美容面で効果を発揮します。

肌の細胞が酸素によって酸化したものを、
酸素から切り離してくれることにより、肌の細胞がある程度活性化されます。

そして、繰り返しになりますが、
アサイーベリーなどはこの抗酸化力が優れているため、
美容に良い果物と言われています。

マキベリーのすすめ

ではマキベリーはどうなのでしょうか?

実はマキベリーはこの抗酸化力が更に高い果物と言われており、
単純にアサイーベリーの数倍はあると言われています。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?

マキベリーの抗酸化力は他のベリー系の果物を圧倒し、
ダントツの1位になっているのがわかりますか?

マキベリーが非常に優れているとされているのは、
この抗酸化力が高いことが要因と言えるでしょう。

もともとマキベリーは国内では生産されておらず、
世界でも生産されている場所が限られている希少な果物です。

ですので、知名度という点ではかなり低く、
生産量も決して多いわけではありませんが、
それでもブルーベリーやアサイーベリーなどのサプリメントと、
同じぐらいの価格設定で提供されています。

もしあなたが美容効果を狙ってブルーベリーなどを考えているのであれば、
マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリランキングはこちら

活性酸素とマキベリーの関係はどうなの?効果があるの?

今更言うまでもありませんが、
私達は呼吸によって酸素を体内に取り入れています。

酸素が血液を巡回し、栄養素を運ぶことで生命活動を維持しています。

とまあ、今更言うまでもありませんよね?

では、活性酸素と呼ばれるものを聞いたことがあるでしょうか?

名前だけを聞けば非常に体に良い成分のように感じますが、
実は全くの逆です。

この活性酸素は私達の細胞を死滅させる効果があり、
決して体によい影響を及ぼすものではありません。

ですので、活性酸素が体に吸収されるのをできるだけ防ぐことが
望ましいでしょう。

とは言え、活性酸素は目に見えるものではないため、
自分の意志でどうにかできるものではないということでもあります。

では、活性酸素に関しては諦めるしかないのでしょうか?

もちろん答えはNOです。

ORAC値と活性酸素

ところであなたはORAC値というものをご存知でしょうか?

これは別名抗酸化力を示す数値であり、
酸素によって私達の体が錆びてしまうのを防ぐ数値とも言われています。

ではこのORAC値が高いとどうなるのか?

それは、活性酸素を除去してくれることにもつながるのです。

ですので、このORAC値が高い食べ物を積極的に食べていくことが
活性酸素を防ぐ手段の一つと言えるでしょう。

マキベリーと活性酸素

では、マキベリーと活性酸素はどのような関係があるのでしょうか?

実はマキベリーはポリフェノールがダントツに優れており、
このORAC値が非常に高い果物とされています。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?

ORAC値が比較的高く、健康によいとされている
ブルーベリー、アサイーベリーを抑え、トップに君臨しているのがわかりますか?

マキベリーが健康に良いとされているのは
このORAC値が高いことが理由と言われています。

ちなみに、主な生産地であるチリでは神々の木に宿る果物と言われており、
従来より健康に良いとされてきたようです。

マキベリーをおすすめする理由は?

実はマキベリーをおすすめする理由の一つに、
効果がありながら価格が手頃であるというものがあります。

最近では、成分を濃縮したブルーベリーサプリ、
アサイーベリーサプリなどが主流となっています。

そして成分を濃縮している分、価格も3,000円以上と
比較的高いイメージがあります。

マキベリーはORAC値が高いとされていながらも、
1ヶ月分の数量で2,500円程度と比較的手頃な価格設定になっています。

いい意味で価格と成分量のバランスが取れていないとも言えるでしょう。

マキベリーはチリの一部でしか生産されておらず、
希少な果物であることは間違いないのですが、
それでもサプリメントの価格は底まで高くはないため、
もしあなたがブルーベリーなどのサプリメントを使用しているのであれば。

マキベリーサプリメントを試してみるのも良いのではないでしょうか?

 

マキベリーサプリランキングへ

マキベリーはアサイーベリーと比べると商品が少ない!?

マキベリーはアサイーベリーやブルーベリーと同様に、
ベリー系の果物で一括りにされている事が多いです。

とは言え、厳密にはホルトノキ科に分類されており、
ツツジ科であるブルーベリーなどとは品種が異なりますが。

さて、実はマキベリーの商品は、アサイーベリーなどと比べれば、
絶対的な商品の数が少ないという特徴があります。

これにともなって、知名度はかなり低いようです。

これはもちろんマキベリー自体の生産量が少ないためです。

マキベリーはチリのパタゴニア地方と呼ばれる、
世界中でも一部の高原地帯でしか生産されていないため、
その生産量の少なさに関連し、商品数が圧倒的に少ないです。

例えばアサイーベリーであれば、
スムージーやドリンク、パウダー、サプリメント、食用など、
多数の販売形態があります。

ですがマキベリーに関しては、サプリメントとパウダー以外は、ほとんど存在しないのが現状です。

やはり希少な果物で有るからこそだと言えます。

とは言え、レアなものほど優秀な効果があるイメージが有りますが、
それはこのマキベリーでも同様のようであり、
ポリフェノールの含有量が他のベリー系とは比べ物にならないほど
豊富に含まれているという特徴があります。

例えばこの図を見てみてください。

他のベリーを圧倒するほどの成分量を誇っているのがわかりますか?

繰り返しになりますが、ベリー系の商品に限らず、
レアなものほど成分量や効果が優秀だったりしますが、
それはこのマキベリーでも例外ではないようですね。

 

マキベリーパウダーのおすすめ商品で訳あり品はこれ!

マキベリーサプリメントは、通常の割引以外で、
キャンペーンと言ったものは基本的に存在しません。

例えば楽天やAmazonなどで、通販店独自の割引をおこなう
というのはそれなりにありますが、サプリメントってあまりケースが無いようです。

ですので、基本的にマキベリーサプリメントはどのような購入方法であっても、
通常価格や決められた割引価格で購入するしかありません。
※稀にオークションやメルカリで安く販売されていることもありますが。

ですが、サプリメントではなくパウダーの場合は、
ちょっと特殊なケースで販売されているのをご存知でしょうか?

それが「訳あり商品」です。

例えばこのような商品。

本来であれば4,000円弱で販売されている商品ですが、
袋に傷が入っているという理由で価格が抑えられており、
70%以上割引の1,000円で購入することができます。

もちろん袋の中身には特に異常がないため、
あまり気にしないようであれば、このような商品を選べばだいぶお得になります。

もちろん毎回毎回同じ商品が販売されているということではありませんが、
このような訳アリ品は結構な頻度で出回るため、
価格を抑えるには最高の購入方法と言えるでしょう。

惜しいのが、この訳アリ品はサプリメントで出回ることはまず無い
ということでしょうか。

とは言え、マキベリーはサプリメントの他にパウダーも販売されており、
かなり安い価格で購入することができますので、
このような商品を狙ってみるのも「有り」だと思います。

マキベリーを配合しているサプリメント。多いの?少ないの?

マキベリーサプリメントは、実はあまり例がないってご存知ですか?

例えば似たようなサプリメントとしては、
ベリー系などが考えられますよね?

  • ブルーベリーサプリメント
  • アサイーベリーサプリメント
  • ビルベリーサプリメント

など、最近では多数のベリー系サプリメントが販売されています。

これらは市販品も多数販売されているのはご存知でしょうし、
ちょっとコアな通販品でも多数販売されています。

ですが、マキベリーサプリメントに関しては、
市販品はほとんど存在しませんし、通販品も数が少ないです。

その理由はなぜか?

もちろん、原料であるマキベリーが希少な果物であることが原因です。

例えばベリー系は、それなりに国産品が存在しますが、
マキベリーは国内では一切生産されていないのが現状です。

そもそも、このベリー系の果物は、
その地域の土壌によって、品種や含まれている栄養素、
育ちの良さが大きく違うという特徴があります。

マキベリーが育つのに良い環境とされているのは、
年中の気温がマイナスにならない程度で全体的に低く、
且つ寒暖差が少ない地域であるとされています。

これを満たしているのは世界中でもチリの一部だけであり、
この気功こそがマキベリーに良い環境とされています。

マキベリーサプリメントの商品数が全体的に少ないのは、
この特徴により、他のベリー系と比較して圧倒的に生産数が少ないためです。

 

 

サプリメントは価格重視!?それとも何を見れば良い?

サプリメントを購入する場合、
多くの人が重視するのが価格でしょう。

サプリメントはあくまで健康補助食品に分類されるものであり、
一定の継続が求められますので、やはり価格が安いに越したことはない。

多くの方がそう思っているでしょうし、あなた自身も同じかもしれません。

ですがここでほんの少しだけ、
成分量と成分の種類についても注目して置いたほうが良いです。

クッキリンとマキベリー濃縮カプセル

当サイトでご紹介しているサプリメントの中に、
「クッキリン」「マキベリー濃縮カプセル」があり、
それぞれランキングを設定していますが、
クッキリンを上位にランクインさせています。

もちろんこれにはきちんとした理由があります。

まず、価格についてですが、マキベリー濃縮カプセルの方が数百円安く、
価格だけを見ればお得に感じるでしょう。

ですが、成分量や種類を見た場合は、クッキリンの方が圧倒的に優れており、
繰り返しになりますが、マキベリー濃縮カプセルと価格の差が数百円しかありません。

これこそが、クッキリンのほうを上位にランクインさせている理由です。

価格だけに着目してみると、たしかにお得感はありますが、
成分量の方を見てみると、クッキリンのほうが優秀です。

例えば、マキベリー濃縮カプセルには
目の保護をしてくれるルテインが含まれていませんし、
栄養素の循環を良くしてくれるDHA・EPAも含まれていません。

ですが、クッキリンにはどちらも含まれています。

このような違いがあるため、クッキリンを上位に表示しています。

 

知っておきたいマキベリーサプリの購入時の注意点とは?

マキベリーサプリメントは多くの商品が通販でのみ取り扱っています。

これは市販のサプリメントを使用しているのであれば分かりますが、
マキベリーサプリってあんまり見たことないですよね?

ブルーベリーサプリメントやアサイーベリーサプリメントは市販品が
それなりに販売されていますし、もしかしたらあなた自身も購入したことが
あるかもしれません。

ですが、希少なマキベリーでは市販品の例が極端に少ないのが現状です。

このことから、
マキベリーサプリメントは基本的に通販で購入することになりますが、
少しだけ注意しておくべきポイントをご紹介します。

価格、割引の仕方について

これはマキベリーに限った話ではありませんが、
初回が大幅に割り引いている商品は以下の点をきちんとチェックしておきましょう。

  • 次回以降の価格(通常価格)はいくらなのか?
  • 定期購入をいつまで続けなければならないのか?

この2点です。

なぜなら、初回の割引が大きいということは、
逆を言えば、次回以降の価格が大幅に跳ね上がるということです。

その前に解約してしまえば・・・。

と思うかもしれませんが、
そこまで良心的にしてくれる通販会社はあまりないですよね?

初回が大幅に割引かれている分、
3回目ぐらいまでの定期購入が強要されていたりします。

この点は少しだけ注意が必要です。

ちなみに、誤解のないように言っておくと、
そもそもそのような商品はランキングから除外しています。

初回が安くても、次回以降に価格が跳ね上がってしまい、
さらに購入を強要されるとなれば、やはりおすすめしにくいので。

当サイトで初回購入が非常に安いのは、
「アスタブライト」「ホワイトアミノベリー」になります。

これらは初回が大幅に割引されていますが、継続の義務がない、
ほんとうの意味での優良なサプリメントと言えます。

マキベリーサプリメントに限らず、
大幅な割引にはこういったデメリットがある商品もあります。

 

マキベリーサプリメントはここ!おすすめ通販ランキング!

目のかすみなどの症状に有効とされているマキベリーとは?

マキベリーの代表的な成分の一つに、
ポリフェノールがとにかく豊富であるという特徴があります。

その中でも、アントシアニンと呼ばれるポリフェノールが豊富であり、
これが目のかすみやぼやけといった症状を緩和してくれるのです。

また、これらの症状とマキベリーは大きく関係があり、
アントシアニンの成分量がトップクラスに多いという特徴があります。

この手の果物を見てみれば、ブルーベリーをイメージする人も多いと思いますが、
このような調査結果が有るため、是非参考にしてみてください。

いかがでしょうか?

マキベリーだけがダントツにポリフェノールの面で優れているのがわかりますか?

これこそがマキベリーの最大の特徴であり、
目の疲れに対して有用とされている理由です。

当たり前の話ですが、成分量は多ければ多いほど、
効果に信憑性や即効性に期待が持てることになります。

これはマキベリーに限った話ではありませんよね?

価格を重視していると言う人も多いと思いますが、
逆に成分量を重視しているという人も居るわけです。

マキベリーは成分量を重視している方向けということになります。

とは言え、実はマキベリーってそんなに高くないって知っていましたか?

例えば当サイトでご紹介しているマキベリーサプリメントの一つに、
「クッキリン」があります。

これはマキベリー成分量も多く、ルテインなども配合しているサプリメントであり、
疲れ目に特化したサプリメントなのですが、

通常価格は2,500円程度と比較的手頃な価格設定のサプリメントと言えます。

ですので、ブルーベリーサプリメントを使用すること自体は否定しませんが、
ポリフェノールという点で考えた場合、
マキベリーサプリメントを手頃な価格で購入するというのも、
もちろん「アリ」だと思います。