マキベリーは鉄分が豊富な果物!実は優れた栄養価を持っています。

マキベリーは優れたポリフェノールを持っているということで、
ブルーベリーやアサイーベリーに変わる果物とされています。

ただし、生産量が絶対的に少ない果物でもあり、
なかなか商品が販売されていないため、どうしても知名度が低くなります。

実はこのマキベリーは、ポリフェノールのほか、
鉄分が豊富な果物と言われています。

鉄分と言えば、人間の血液を作る重要な栄養素の一つですが、
殆どの人がレバーなどをイメージするのではないでしょうか?

貧血を予防するために、レバーを食べている人は多いと思います。

ですが、マキベリーはこのレバーよりも鉄分が豊富な果物であり、
マキベリーを摂るだけでも貧血予防になります。

レバーと言えば、実際に好みが分かれる果物であり、
あまり美味しくない・・そう考えている人も多いのではないでしょうか?

少なくとも私はあのパサパサした感じや生臭い感じが好きではなく、
極力食べたくないと思っていました。

でも貧血になって倒れるのは・・・と思い、不定期ですが、
昼食に食堂でレバニラ炒めなどを食べるようにしています。

でも、いくら味付けが良くても、レバー自体の食感が好きになれず、
どうしたものかなと悩んでいました。

そんなときにマキベリーに出会ったのですが、
レバーよりも鉄分が豊富に含まれているということで、
これだ!と思い、それ以降は、全く食べていないとは言いませんが、
レバーよりもマキベリーを摂ることの方が多くなってきたと思います。

もしあなたが私と同じようにレバーが嫌い。

そう考えているのであれば、
これを機会にマキベリーにしてみるのも一つの手かなと思います。

実はこのベリー系の果物は、全体的に鉄分が豊富という特徴があるようです。

例えば品種こそ違いますが、アサイーベリーなどもありますが、
これも鉄分は豊富な果物であり、栄養素は比較的似ていると言えます。

カルシウムも豊富な果物

実はマキベリーやアサイーベリーが優れている部分はこれだけではありません。

先程の鉄分も豊富であるほか、カルシウムも豊富に含まれているという特徴があります。

カルシウムといえば、牛乳を飲むのが一番の近道ですが、
牛乳って飲めないって言う人も意外に多かったりします。

特に私の子どもは牛乳が嫌いで、好き嫌いが多く、
食事にもかなり気を使うという始末です・・・。

ですがマキベリーは甘くて酸味も少なく、子どもが親しみやすい味でもあるため、
試しにマキベリーのパウダーをヨーグルトに混ぜて食べさせたら、かなり評判が良かったです。

カルシウムも取れて、鉄分も多い。

確かに人気が出る果物であることが分かりますね^^

実はマキベリーは生産量がとても少なく、
店頭で販売されているなんてことはまずありません。

実際にスーパーなどに行ってみれば分かりますが、
ドリンクなどの商品もほとんどなく、自ずと販売形態が限られているようです。

主に販売されている方法は、サプリメントかパウダーの2種類となります。

私はともかくとして、子どもたちはサプリメントを飲むほど体が弱っていませんので、パウダーを購入してみました。

結果は大正解だったようです。

牛乳が嫌いということで、ほとほと困ってはいましたが、
マキベリーを購入して大正解だったと思います。

私自身も健康効果を狙ってマキベリーパウダーを試していますが、
便秘が良くなったり、以前より太りにくくなってきた等、
健康面でも良い効果が出ているのかなと。

そんな栄養が満点のマキベリー。

あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?

実は、マキベリーは販売形態は限られていますが、
ブルーベリーやアサイーベリーとそれほど変わらない価格設定ですので、
大きな負担にもならないというメリットもあります。

 

マキベリーサプリメントにはDHAを配合しているものも多い!?

マキベリーサプリメントはそれなりに販売されていますが、
実はDHAやEPAといった成分もセットになっていることが多いです。

DHA、EPAといえば、魚をイメージする方も多いですよね?

血液をサラサラにして、循環能力を高めるといった効果があると
言われており、健康に良いとされています。

この効果こそがマキベリーの効果とマッチしているために、
セットで考えられているケースが多いようです。

すなわち、マキベリーが持っている栄養素やポリフェノールを、
体中に行き渡らせるために、DHA、EPAをセットで配合している
というイメージです。

これはマキベリーサプリメントに限った話ではなく、
同じ系統のベリー系サプリメントやその他の健康サプリメントでも、
同様のケースが取られています。

例えば当サイトでご紹介しているサプリメントで
DHAやEPAを配合しているサプリメントといえば、

まずはクッキリン。

これは味を楽しむことが出来るマキベリーサプリメントですが、
ルテインの他、DHA、EPAをセットで配合しています。

次にアスタブライト。

これは成分量にとにかくこだわりがあるサプリメントであり、
価格は少々高めに設定されていますが、他のサプリメントの
追随をゆるさないほど多数の栄養素が配合されています。

そしてこれにもDHAやEPAが配合されています。

これらのサプリメントは、やはり栄養素の循環能力をより高くするといった目的で配合しているようです。
※公式サイトにもそのような記述があります。

 

 

マキベリーの成分を取り込む方法は?実は意外に少ない!?

マキベリーは優れた栄養価を持っている果物と言われており、
豊富なポリフェノールによってさまざまな健康効果を得ることができます。

では、その方法にはどんなものがあるのでしょうか?

実は意外と少ないのが現状で、おおまかに分けた場合

  • パウダー状のものを使用する
  • サプリメントを使用する

といった方法があります。

ここであなた自身が選ぶ必要があるのが、

成分を重視しているのか、味を重視しているのか、
それとも価格を重視しているのか?

というものです。

例えば味を重視しているのであれば、
サプリメントは外れますよね?

サプリメントは基本的に飲むだけですので、
味はまったく気にならなくなります。

これは、苦みのある成分なんかの場合に特に効果を発揮します。

苦いものが大好き!

なんて人はあんまりいないですよね?

これをカバーするためにサプリメントはあります。

ですので、マキベリーの味を楽しみたいとなった場合、
サプリメントは不向きになります。

ではマキベリーをそのまま食べる場合はどうでしょうか?

美味しいという意見があるものの、
アサイーベリーやブルーベリーと違い、商品数がかなり少ないです。

ですので、少し現実性に欠けますね。

よって、味をそのまま楽しみたい場合、
味を楽しみつつ、さまざまな食品に組み合わせることが出来る、
パウダーが良いでしょう。

ヨーグルトなんかに加えていたりサラダに使用していたり、
色んな使い道があると思います。

 

では、次に成分を重視している場合ですが、
これはエキスを濃縮しているサプリメントが最も優れているでしょう。

商品にもよりますが、
マキベリーを数十個から数百個分濃縮しているという特徴がありますので、
成分量にこだわるのであれば、サプリメント以外の選択肢はないと思います。

パウダーもそれなりに濃縮しているとは思いますが、
やはりサプリメントには叶いません。

よって、成分を重視するならサプリメント一択になるでしょう。

 

最後に価格を重視している場合です。

これはぶっちゃけて言っちゃうと、あんまり価格差がありません。

もちろん商品によって高い、安いというのは存在しますが、
それはパウダー、サプリの両方に共通するため、
総合的に見れば大きな差が無いといえます。

ですので、味を楽しむか、成分量を重視するか?で判断し、
価格については商品によって選ぶということで良いかと思います。

最近ではどちらも1か月で2,000円程度と、
比較的手ごろな価格で購入できます。

 

マキベリーサプリはここ!おすすめ通販ランキング!

マキベリーとアサイーベリーとブルーベリー。これらはどう違うの?

ブルーベリー、アサイーベリーを知っている人は多いと思いますが、
マキベリーに関しては希少な果物であるということで、
若干マイナーとも言えます。

これらは同じくベリーという名前が付いていますので、
全く同じ分類の果物と勘違いしている方も少なくないようですね。

少なくとも私は全部同じ分類だと思っていました^^;

では、それぞれにはどのような違いがあるのか?について
簡単に触れていきたいと思います。

それぞれの特徴とは?

まずブルーベリーについてですが、
これはツツジ科の植物になる実であり、
日本でも生産量はそれなりにあります。

見た目は比較的青くなっているような印象があります。

ほんのりと甘く、そして酸味が有るのが特徴ですが、
最近ではスムージーやサプリメントが大半を占めていますし、
そのまま食べるということはあまり無いようですね。

他のベリーと同じく、アントシアニンが豊富であるという特徴がありますし、
ビタミンなどの栄養も含まれており、健康に良い果物とされています。

次にアサイーベリーです。

これはヤシ科の果物であり、大本の原産はブラジルと言われています。

南米の気候によく馴染むようですが、
日本でも僅かながら生産されているのも事実です。

ブルーベリーと比較すると、酸味が強いイメージが有ります。

これはアサイードリンクなんかを飲んだことがあれば
なんとなくわかると思いますが、少し酸っぱいかな?という印象です。

ブルーベリーよりも全体的に成分量が豊富なほか、
鉄分、カルシウムなど、ブルーベリーとは少し違う栄養価が有ります。

市場流通量もブルーベリーより少ないため、
基本価格は少し高いかなと思います。

さて、最後にマキベリーですが、
これはホルトノキ科に分類される果物であり、
実の大きさがアサイーベリーやブルーベリーより小さく、原産国はチリです。

日本では全く生産されていない、ベリー系でも最も希少な果物と言えます。

ブルーベリーと同じく、酸味があり甘いという特徴があります。

生産量が少ないためか、
ブルーベリーやアサイーベリーより知名度が低く、
食用に販売されていることも少ないです。

大抵はパウダーやサプリメントで販売されていますので、
味を楽しみたい場合はパウダー、
成分量を重視するならサプリメントと言ったところでしょう。

ポリフェノールの含有量は他のベリーを圧倒するほど豊富なのが特徴であり、
栄養価という点ではマキベリーに勝るものはありません。

なお、アサイーベリーと価格差があまり無いため、
個人的にはこちらの方がおすすめできます。

 

以上がそれぞれの特徴になります。

どれも原産国が違いますし、
栄養価もポリフェノール含有量も微妙に違います。

価格という点ではブルーベリーが一番手頃ですが、
成分量という点ではアサイー、マキベリーということになります。

 

マキベリーサプリメント!通販ランキング!