マキベリーは鉄分が豊富な果物!実は優れた栄養価を持っています。

マキベリーは優れたポリフェノールを持っているということで、
ブルーベリーやアサイーベリーに変わる果物とされています。

ただし、生産量が絶対的に少ない果物でもあり、
なかなか商品が販売されていないため、どうしても知名度が低くなります。

実はこのマキベリーは、ポリフェノールのほか、
鉄分が豊富な果物と言われています。

鉄分と言えば、人間の血液を作る重要な栄養素の一つですが、
殆どの人がレバーなどをイメージするのではないでしょうか?

貧血を予防するために、レバーを食べている人は多いと思います。

ですが、マキベリーはこのレバーよりも鉄分が豊富な果物であり、
マキベリーを摂るだけでも貧血予防になります。

レバーと言えば、実際に好みが分かれる果物であり、
あまり美味しくない・・そう考えている人も多いのではないでしょうか?

少なくとも私はあのパサパサした感じや生臭い感じが好きではなく、
極力食べたくないと思っていました。

でも貧血になって倒れるのは・・・と思い、不定期ですが、
昼食に食堂でレバニラ炒めなどを食べるようにしています。

でも、いくら味付けが良くても、レバー自体の食感が好きになれず、
どうしたものかなと悩んでいました。

そんなときにマキベリーに出会ったのですが、
レバーよりも鉄分が豊富に含まれているということで、
これだ!と思い、それ以降は、全く食べていないとは言いませんが、
レバーよりもマキベリーを摂ることの方が多くなってきたと思います。

もしあなたが私と同じようにレバーが嫌い。

そう考えているのであれば、
これを機会にマキベリーにしてみるのも一つの手かなと思います。

実はこのベリー系の果物は、全体的に鉄分が豊富という特徴があるようです。

例えば品種こそ違いますが、アサイーベリーなどもありますが、
これも鉄分は豊富な果物であり、栄養素は比較的似ていると言えます。

カルシウムも豊富な果物

実はマキベリーやアサイーベリーが優れている部分はこれだけではありません。

先程の鉄分も豊富であるほか、カルシウムも豊富に含まれているという特徴があります。

カルシウムといえば、牛乳を飲むのが一番の近道ですが、
牛乳って飲めないって言う人も意外に多かったりします。

特に私の子どもは牛乳が嫌いで、好き嫌いが多く、
食事にもかなり気を使うという始末です・・・。

ですがマキベリーは甘くて酸味も少なく、子どもが親しみやすい味でもあるため、
試しにマキベリーのパウダーをヨーグルトに混ぜて食べさせたら、かなり評判が良かったです。

カルシウムも取れて、鉄分も多い。

確かに人気が出る果物であることが分かりますね^^

実はマキベリーは生産量がとても少なく、
店頭で販売されているなんてことはまずありません。

実際にスーパーなどに行ってみれば分かりますが、
ドリンクなどの商品もほとんどなく、自ずと販売形態が限られているようです。

主に販売されている方法は、サプリメントかパウダーの2種類となります。

私はともかくとして、子どもたちはサプリメントを飲むほど体が弱っていませんので、パウダーを購入してみました。

結果は大正解だったようです。

牛乳が嫌いということで、ほとほと困ってはいましたが、
マキベリーを購入して大正解だったと思います。

私自身も健康効果を狙ってマキベリーパウダーを試していますが、
便秘が良くなったり、以前より太りにくくなってきた等、
健康面でも良い効果が出ているのかなと。

そんな栄養が満点のマキベリー。

あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?

実は、マキベリーは販売形態は限られていますが、
ブルーベリーやアサイーベリーとそれほど変わらない価格設定ですので、
大きな負担にもならないというメリットもあります。

 

マキベリーはアサイーベリーと比べると商品が少ない!?

マキベリーはアサイーベリーやブルーベリーと同様に、
ベリー系の果物で一括りにされている事が多いです。

とは言え、厳密にはホルトノキ科に分類されており、
ツツジ科であるブルーベリーなどとは品種が異なりますが。

さて、実はマキベリーの商品は、アサイーベリーなどと比べれば、
絶対的な商品の数が少ないという特徴があります。

これにともなって、知名度はかなり低いようです。

これはもちろんマキベリー自体の生産量が少ないためです。

マキベリーはチリのパタゴニア地方と呼ばれる、
世界中でも一部の高原地帯でしか生産されていないため、
その生産量の少なさに関連し、商品数が圧倒的に少ないです。

例えばアサイーベリーであれば、
スムージーやドリンク、パウダー、サプリメント、食用など、
多数の販売形態があります。

ですがマキベリーに関しては、サプリメントとパウダー以外は、ほとんど存在しないのが現状です。

やはり希少な果物で有るからこそだと言えます。

とは言え、レアなものほど優秀な効果があるイメージが有りますが、
それはこのマキベリーでも同様のようであり、
ポリフェノールの含有量が他のベリー系とは比べ物にならないほど
豊富に含まれているという特徴があります。

例えばこの図を見てみてください。

他のベリーを圧倒するほどの成分量を誇っているのがわかりますか?

繰り返しになりますが、ベリー系の商品に限らず、
レアなものほど成分量や効果が優秀だったりしますが、
それはこのマキベリーでも例外ではないようですね。