アスタブライトは成分量にこだわったサプリメント。マキベリーが含まれている

マキベリーサプリメントは希少なマキベリーを使用していても、
比較的手頃な価格設定のものもあり、そこまで高くないというのが印象です。

とは言え、もちろんサプリメントはピンからキリまでありますので、
成分量にこだわった高額なサプリメントもあります。

それがアスタブライトです。

このような商品です。

クッキリンなど、2,000円台で購入することができる
マキベリーサプリメントが多い中、これは5,000円程度と倍の価格設定です。

初回の割引率がかなり大きく、返金保証もついているサプリメントですので、
一度試したいという方にはうってつけですが、
継続していくには厳しい価格とも言えます。

もちろんこれは詐欺のようなサプリメントということではなく、
成分量が他のサプリメントと比較してかなり多いためであり、
きちんとした理由があるサプリメントです。

では、アスタブライトにはどのような成分が含まれているのか?

簡単にご紹介していきます。

まずマキベリーエキス。

アスタブライトにメインとして使用されているマキベリーエキスは
100mg以上とかなり多い分類に入ります。

これが価格が高めに設定されている一つ目の理由と言えるでしょう。

とは言え、この数値は他のサプリメントより少し多いかな?という程度ですので、
これだけで倍の価格設定になるとは少々考えにくいです。

この他に含まれている成分として、
アスタキサンチンと呼ばれるポリフェノールがあります。

アスタブライトの価格が高いのはこれが一番のポイントです。

アスタキサンチンは植物性というよりは、動物性といったほうが良いかもしれませんが、イクラなどの魚介類に多く含まれている成分とされています。

イクラと聞けば殆どの方がイメージできると思いますが、
決して安い価格設定ではないですよね?

少なくとも格安の成分とは言い難いです。

これがアスタブライトの価格が高いと言われる一番の理由と考えます。

ですがアスタキサンチンの効果は非常に高いと言われており、
皮膚や目など、外気に触れる部分を保護するためのバリアのような機能
を持っていると言われています。

そしてアスタブライトに含まれているアスタキサンチンは
他のサプリメントよりもかなり多く、最低でも5倍以上は含まれています。

アスタキサンチン自体が高額な成分であることや、
それ相応の効果が高いために、基本価格を上げざるを得なかったようですね。

最後にDHAやEPAなどサンマやイワシなどに含まれている成分も合わせて配合されています。

これらは血液の循環を良くするといった効果が見込まれており、
多くのサプリメントに使用されていますが、それほど高額な成分ということではないため、価格を挙げる原因とは言えないでしょう。

以上のことから、アスタブライトが他のサプリメントよりも価格が高いのは、
マキベリーエキスが多いこと、アスタキサンチンが多いこと。

この2つが挙げられます。

あくまで成分量と効果に拘ったサプリメントということでしょうか。

確かにこの価格設定では継続するにしても少し難しいかもしれませんが、
この成分量の多さはおきな魅力の一つと言えます。

実際に、アスタキサンチンを配合しているサプリメントはあまりなく、
これほどの配合量のサプリメントはまず見かけません。

少なくとも私が知る限りでは、
これほどアスタキサンチンを配合したサプリメントは存在しません。

私は価格よりは成分量や効果を重視してサプリメントを選ぶタイプですので、
一概にこのサプリメントが悪いという印象はなかったです。

価格を重視するのか、それとも成分量を重視するのか。

そういった選択が必要になってくるサプリメントでしょう。

ただし、初回割引額が非常に大きいため、一度試すことは十分に可能かと思います。

マキベリーサプリで代謝が良くなる!?その仕組とはどんなもの?

マキベリーサプリメントは、アンチエイジング、美容効果、
疲労回復、視力の回復など、さまざまな場面で効果を発揮すると言われています。

これはマキベリーが持っているポリフェノールが豊富であることによるものでしょう。

さまざまな健康効果を得ることができるとされていますが、
その中の一つに代謝の活発化があります。

代謝が活発化されるということは、汗をかきやすくなるということですし、
それによってダイエット効果も実感しやすくなってきます。

また、汗をかくということは、
体の中に溜まってしまう老廃物を外に出す役割を持っています。

汗をかくことが健康に良いというのはイメージが付くかもしれませんが、
代謝が活発化されることでこの能力も活性化され、
健康効果につながっていくと言われています。

代謝の衰えはいつごろから?

実は私達の代謝の能力は25歳を超えた当たりから能力が衰えてくる
と言われています。

25歳まではどんどん新しい細胞が生み出されることにより、
代謝がよく、汗をかきやすく、健康でいられる場合が多いのです。

ですが、25歳を超えた当たりで細胞を作る能力が落ちていき、
どんどん細胞が古くなってきます。

これはご存知方も多いかもしれませんが、
酸素によってもたらされるものです。

私たちは呼吸によって酸素を体内に取り込みますが、
それは同時に細胞と酸素が化学反応を起こして結合し、
細胞が錆びてしまうのです。

錆びてしまった細胞は本来の能力を発揮することができなくなりますので、
段々と体が衰えていくのです。

これはスポーツ選手なんかをイメージしてみるとわかりやすいと思います。

例えば、スポーツ選手が30代のあたりで自分の能力に限界を感じ、
引退する人が多いのはご存知でしょう。

これは言ってしまえば、
細胞が衰えて本来の能力を発揮できなくなることに関連しますので、
それを自覚することも、引退することもごく自然のことなのです。

これが酸素によって細胞が衰えていくという仕組みです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
これに対してマキベリーの抗酸化力が役立つとされています。

抗酸化力とは酸素と結びついた細胞から、
酸素を切り離し、細胞を活性化させてくれる能力のことであり、
これが優れていることで、細胞の活性化に期待が持てることになります。

マキベリーの抗酸化能力によって、細胞が活性化されますので、
さきほどご紹介した代謝の活発化につながっていくとされています。

ベリー系の中でもマキベリーはダントツ

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと同様に、
ベリー系の果物ということで一括りにされていますが、
原産地はそれぞれ全く異なります。

例えばアサイーベリーはツツジ科の果物になる実といわれており、
原産はブラジルのアマゾンと言われています。

この手の果物は寒い地方であればあるほど成分が濃縮されると言われていますが、
これは意外な結果ですね。

ブラジルと言えば暑いというイメージしかありませんし。

さて、これに対してマキベリーはホルトノキ科の木になる果物であり、
原産もチリの高原地域と言われています。

そして年間気温が低く、寒暖差が少ない地域に向いていると言われています。

さて、これらの果物はベリー系ということで
同等に扱われる場合が多いのですが、含んでいるポリフェノールの量では、
圧倒的にマキベリーが優れているようです。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?
※ORACLE値=抗酸化力のこと。

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと比較してみても、
ダントツに抗酸化力が優れているのがわかりますよね?

アサイーベリーを健康に良いということで、
サプリメントやスムージーを飲んでいる人は多いかもしれませんが、
マキベリーには今一歩及ばないようです。

もしあなたが健康食品などを考えているのであれば、
マキベリーを選択に入れてみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリおすすめランキングはこちら

活性酸素とマキベリーの関係はどうなの?効果があるの?

今更言うまでもありませんが、
私達は呼吸によって酸素を体内に取り入れています。

酸素が血液を巡回し、栄養素を運ぶことで生命活動を維持しています。

とまあ、今更言うまでもありませんよね?

では、活性酸素と呼ばれるものを聞いたことがあるでしょうか?

名前だけを聞けば非常に体に良い成分のように感じますが、
実は全くの逆です。

この活性酸素は私達の細胞を死滅させる効果があり、
決して体によい影響を及ぼすものではありません。

ですので、活性酸素が体に吸収されるのをできるだけ防ぐことが
望ましいでしょう。

とは言え、活性酸素は目に見えるものではないため、
自分の意志でどうにかできるものではないということでもあります。

では、活性酸素に関しては諦めるしかないのでしょうか?

もちろん答えはNOです。

ORAC値と活性酸素

ところであなたはORAC値というものをご存知でしょうか?

これは別名抗酸化力を示す数値であり、
酸素によって私達の体が錆びてしまうのを防ぐ数値とも言われています。

ではこのORAC値が高いとどうなるのか?

それは、活性酸素を除去してくれることにもつながるのです。

ですので、このORAC値が高い食べ物を積極的に食べていくことが
活性酸素を防ぐ手段の一つと言えるでしょう。

マキベリーと活性酸素

では、マキベリーと活性酸素はどのような関係があるのでしょうか?

実はマキベリーはポリフェノールがダントツに優れており、
このORAC値が非常に高い果物とされています。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?

ORAC値が比較的高く、健康によいとされている
ブルーベリー、アサイーベリーを抑え、トップに君臨しているのがわかりますか?

マキベリーが健康に良いとされているのは
このORAC値が高いことが理由と言われています。

ちなみに、主な生産地であるチリでは神々の木に宿る果物と言われており、
従来より健康に良いとされてきたようです。

マキベリーをおすすめする理由は?

実はマキベリーをおすすめする理由の一つに、
効果がありながら価格が手頃であるというものがあります。

最近では、成分を濃縮したブルーベリーサプリ、
アサイーベリーサプリなどが主流となっています。

そして成分を濃縮している分、価格も3,000円以上と
比較的高いイメージがあります。

マキベリーはORAC値が高いとされていながらも、
1ヶ月分の数量で2,500円程度と比較的手頃な価格設定になっています。

いい意味で価格と成分量のバランスが取れていないとも言えるでしょう。

マキベリーはチリの一部でしか生産されておらず、
希少な果物であることは間違いないのですが、
それでもサプリメントの価格は底まで高くはないため、
もしあなたがブルーベリーなどのサプリメントを使用しているのであれば。

マキベリーサプリメントを試してみるのも良いのではないでしょうか?

 

マキベリーサプリランキングへ

マキベリーとの出会い、眼鏡の義務が無くなった!?

私は事務の仕事をしており、パソコンを使うのが当たり前の職場で働いています。

ですので、必然的に目が疲れやすくなりますし、
視力の低下も実感してしまいました。

高校時代は1.5ぐらいの視力があり、
その当時は目が悪くなるなんて考えたこともありませんでしたし、
気にもとめていませんでした。

まあ今と違ってスマホなんてものはありませんし、
パソコンも持ってはいませんでしたから。

ここまで書くと年齢がバレてしまいそうですが(笑)

さて、そんな私ですが、パソコンを使用し、プライベートでもスマホを使用、
目を酷使するライフスタイルで過ごしてきて約10年。

視力が0.3~0.4ぐらいになってしまいました。

マジな話、かなり凹みました。

免許更新のときにもメガネ着用が義務付けられてしまい、
それ以降はメガネをするようになってしまいました。

自業自得とはわかっているのですが、
仕事上パソコンを多用するのはどうにもなりませんし、
かと言ってプライベートでスマホを使用してゲームやネットサーフィンをするのも
楽しみの一つですので、我慢することができません。

そこで、最初に試したのがブルーベリーサプリの
市販で売っている安いやつでした。

これで視力が少しでも回復するのであればと思いましたし、
何よりもこのまま視力が落ちたままというのもなんか嫌でしたし。

それで3~4ヶ月ぐらい経った頃でしょうか。

はい、あまり症状は変わりませんでした。

まあ肩こりや頭痛はそれなりに良くなってきたので、
全く効果がない詐欺サプリメントというわけではなかったようですが。

肝心の目の症状だけはどうにもならなかったんです。

私と同じ経験をサれているのであればわかると思いますが、
目がショボショボしていたり、まぶたが重くなっていたり、
ひどいときにはまぶたが痙攣を起こしてしまっている。

こんな症状に悩まされていたのですが、
これだけはなかなか改善されることがありませんでした。

繰り返しになりますが、
詐欺のようなサプリメントというわけではなかったと思います。

問題だったのは私自身のライフスタイルです。

最初にお伝えしたとおり、
私はプライベートでも仕事でもパソコンやスマホをフル活用していましたし、
それは今でも変わりません。

ですので、ブルーベリーの効果以上に目を酷使しすぎていることが
効果を実感できなかった最大の理由だと思っています。

でもやめられないんですよね。

まあ普通の人から見ればやめろと言われそうですが、
楽しみの一つであり、仕事上のストレス解消でもあったので、
こればかりはどうにもならなかったと思います。

ですので、他になにかブルーベリー以上の効果があるものはないか、
そう思って色々探し回っていました。

その頃です。
マキベリーに出会ったのは。

まずブルーベリーの10倍以上のアントシアニンを持っているという点で、
私には救いの果物が舞い降りた!って本気で思いました。

これだ!って直感し、早速試してみることにしました。

すごい高額なものなのかな?って思っていましたが、
正直そこまでではなかったので、購入するのにも躊躇しませんでした。

ブルーベリーよりは流石に高いのですが、成分量を考えてみれば、
そこまで価格差が大きくないと思います。

こんな感じに。

そして使用すること3ヶ月。

これ、マジ話なんですが、免許更新のときに視力が0.8まで回復し、
メガネ着用の義務が無くなったんです。

結局今では眼鏡なしで運転できますし、
驚きの効果だったと思います。

まじでびっくりしました。

マキベリーって最初は??って感じだったのですが、
ここまでの効果があったとは。


以上が私のマキベリー使用の体験談です。

もしあなたが私と同じように目の疲れ、
それに伴う症状に悩まされているのであれば。

マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリメントランキングはこちら

マキベリーを配合しているサプリメント。多いの?少ないの?

マキベリーサプリメントは、実はあまり例がないってご存知ですか?

例えば似たようなサプリメントとしては、
ベリー系などが考えられますよね?

  • ブルーベリーサプリメント
  • アサイーベリーサプリメント
  • ビルベリーサプリメント

など、最近では多数のベリー系サプリメントが販売されています。

これらは市販品も多数販売されているのはご存知でしょうし、
ちょっとコアな通販品でも多数販売されています。

ですが、マキベリーサプリメントに関しては、
市販品はほとんど存在しませんし、通販品も数が少ないです。

その理由はなぜか?

もちろん、原料であるマキベリーが希少な果物であることが原因です。

例えばベリー系は、それなりに国産品が存在しますが、
マキベリーは国内では一切生産されていないのが現状です。

そもそも、このベリー系の果物は、
その地域の土壌によって、品種や含まれている栄養素、
育ちの良さが大きく違うという特徴があります。

マキベリーが育つのに良い環境とされているのは、
年中の気温がマイナスにならない程度で全体的に低く、
且つ寒暖差が少ない地域であるとされています。

これを満たしているのは世界中でもチリの一部だけであり、
この気功こそがマキベリーに良い環境とされています。

マキベリーサプリメントの商品数が全体的に少ないのは、
この特徴により、他のベリー系と比較して圧倒的に生産数が少ないためです。

 

 

目のかすみなどの症状に有効とされているマキベリーとは?

マキベリーの代表的な成分の一つに、
ポリフェノールがとにかく豊富であるという特徴があります。

その中でも、アントシアニンと呼ばれるポリフェノールが豊富であり、
これが目のかすみやぼやけといった症状を緩和してくれるのです。

また、これらの症状とマキベリーは大きく関係があり、
アントシアニンの成分量がトップクラスに多いという特徴があります。

この手の果物を見てみれば、ブルーベリーをイメージする人も多いと思いますが、
このような調査結果が有るため、是非参考にしてみてください。

いかがでしょうか?

マキベリーだけがダントツにポリフェノールの面で優れているのがわかりますか?

これこそがマキベリーの最大の特徴であり、
目の疲れに対して有用とされている理由です。

当たり前の話ですが、成分量は多ければ多いほど、
効果に信憑性や即効性に期待が持てることになります。

これはマキベリーに限った話ではありませんよね?

価格を重視していると言う人も多いと思いますが、
逆に成分量を重視しているという人も居るわけです。

マキベリーは成分量を重視している方向けということになります。

とは言え、実はマキベリーってそんなに高くないって知っていましたか?

例えば当サイトでご紹介しているマキベリーサプリメントの一つに、
「クッキリン」があります。

これはマキベリー成分量も多く、ルテインなども配合しているサプリメントであり、
疲れ目に特化したサプリメントなのですが、

通常価格は2,500円程度と比較的手頃な価格設定のサプリメントと言えます。

ですので、ブルーベリーサプリメントを使用すること自体は否定しませんが、
ポリフェノールという点で考えた場合、
マキベリーサプリメントを手頃な価格で購入するというのも、
もちろん「アリ」だと思います。

 

マキベリーサプリをお得に購入することはできるの?こんな購入方法が!?

マキベリーサプリメントは種類によっては安く購入することも出来ますし、
パウダーでも同様のことが言えます。

ですが、これらは成分量と効果と価格がマッチしているため、
安ければその分成分量が少ないということでもあります。

では、マキベリーサプリメントやパウダーをお得に購入する方法は
果たして存在するのでしょうか?

実はちょっとしたコツがあるため、ここでご紹介しておきたいと思います。

訳アリ品を取り扱っている??

あなたは訳アリ品というのをご存知でしょうか?

通販でものを購入したことがある人であれば、
知らない人はまずいないと思いますが、改めてご紹介すると、

商品の一部に欠陥があり、通常価格より大幅に価格を下げて販売している方法

となります。

欠陥と聞けば、多くの人がえ!?って思うかもしれません。

ですが、これこそが安く購入するチャンスです。

実は欠陥と言っても、

商品そのものではなく、包装袋などに傷や汚れがある

といったケースがほとんどです。

これは言い換えれば、「商品そのものには全く影響がない」ということになります。

例えば、パウダーになりますが、
楽天などでこのような商品が販売されています。

マキベリーパウダー100%

これは外装に傷が入っているという理由で、
通常価格が3,500円から、1,000円に割引されています。

この価格差は、どんなに安いサプリメントやパウダーを購入しても、
埋めることが出来ない大きな差額ですよね?

ですので、サプリメントやパウダーを購入する場合は、
このような購入方法もあるということを知っておいたほうがお得です。

なお、パウダーは結構な頻度でこのような商品がありますが、
サプリメントはなかなか例が無いのが少々残念なところです。

元々パウダーよりもサプリメントのほうが商品数がかなり少ないため、
この点は割り切るしか無いのかもしれませんね。

 

マキベリーサプリメントはここ!おすすめ通販ランキング!

マキベリーはアサイーベリーよりも優れた果物である!?実はこんな視点も!

マキベリーはアサイーベリーやブルーベリーよりも、
ポリフェノールが豊富に含まれているという特徴があります。

たとえばこの画像を見てみてください。

確かにポリフェノールの視点で見れば、
マキベリーのほうが優れていることは疑いようのない事実です。

この場合は迷わずマキベリーの方を使用したほうが無難です。

両者共に価格差があまりないということもありますし。

とは言え、マキベリーがすべてにおいて優れているのか?
と言われた場合、決してそのようなことはありません。

両者の特徴とは?

実はマキベリーとアサイーベリーは同じベリー系になるものの、
属する果物の分類が違うのをご存知でしょうか?

両者共に生産地が異なるため、当たり前といえば当たり前ですが、
生産地が違うということは育つ土壌の栄養素も違うということであり、
これが果物が持っている栄養価に大きく影響します。

まずマキベリーはホルトノキ科という分類の果物であり、
ポリフェノールが優れているのは事実ですが、
ビタミンなどが豊富であるという特徴があります。

これと比較して、アサイーベリーはヤシ科に属する果物であり、
ポリフェノールもマキベリーには及ばないものの、
かなりの成分量を誇っています。

また、この手の果物にしては珍しく、鉄分やカルシウムが豊富である
という特徴があります。

つまり、ポリフェノール以外の栄養素で比べた場合は、
どちらにも目を引くポイントがあり、甲乙つけがたいということになります。

では、アサイーベリーとマキベリーの両方を含んだものはあるのでしょうか?

アサイー&マキベリー

サプリメントとは少し違いますが、
アサイーベリーとマキベリーの両方のエキスを使用したパウダーが存在します。

それがこの「アサイー&マキベリー」になります。

両者の栄養素、ポリフェノールをセットにして、
更に味わいを楽しむことが出来るものです。

アサイーベリーの酸味がきいた甘さと、
マキベリーの酸味を抑えた甘みの強さ。

これらを味わうことが出来ます。

両方をセットで・・・と考えた場合、
正直な所例が少ないのですが、このように全くないわけではありません。

両者の良いところを組み合わせたパウダーと言えるでしょう。

価格も1,400円程度と比較的手頃な価格設定のため、
購入しやすいのも魅力です。

 

マキベリーサプリはここ!おすすめ通販ランキング!

マキベリーサプリの配合量は??おすすめ出来ないものも有る!?

マキベリーサプリメントは、
実はあまりおすすめ出来るものが多くないのをご存知ですか?

その理由としてはまず、
アサイーベリーやブルーベリーなどのように多くのサプリメントが販売されているわけではないということが挙げられます。

もちろん種類が少なすぎる・・・という訳ではありませんが、
エキスの配合量の割に価格設定が高めかな?というものがあったり、
そもそも肝心のエキス配合量が明記されていないといったものがあるためです。

最も、これはどのサプリメントであっても言えることですが、
マキベリーの場合は希少価値も相まって、おすすめ出来る商品が少ないかな?
というのが私の感想です。

一つ例を挙げてみると、
当サイトでご紹介しているマキベリーサプリのクッキリン

このようなものですが、これはマキベリーエキスの配合量が、
他のサプリメントを圧倒するほど豊富に含まれているのが特徴です。

また、ルテインやその他の栄養素なども含まれており、
成分の配合量は申し分ないのにも関わらず、
価格設定も比較的手頃で2,000円台で購入することができます。

いかがでしょうか?

マキベリーは価格が高い!と思っている方も少なくないようですが、
この価格設定であれば比較的良心的かなと思います。

>>クッキリンの詳細はこちら<<

おすすめ出来るポイントがあること

これは当サイトの指標になりますが、あくまでおすすめ出来るのは、
価格や成分量とのバランスが取れているか?
他に目を引くポイントがあるのか?
といった視点です。

これがなければやはりおすすめサプリメントとしてご紹介するのは
難しいのかなと思っています。

ちなみにこのようなサプリメントもあります。

マキベリー濃縮カプセル

これは、マキベリーエキスのみを配合したシンプルなサプリメントですが、
成分量も明記されており、成分量の割には価格も2,000円を下回るなど、
おすすめ出来るサプリメントです。

>>マキベリー濃縮カプセルの詳細はこちら<<

 

このように、
目を引き、おすすめ出来るポイントがあるサプリメントのみを
選んだ場合、どうしても数が限られてきます。

当サイトでご紹介しているサプリメントの数は5種類と決して多くはありません。

ですが、この数に限定しているのはこのように、
成分量、価格、その他でおすすめできるか?を判定した上で紹介している
という理由があるためです。

 

マキベリーサプリはここ!おすすめ通販ランキング!

マキベリーの価格相場を知りたい!実際にはいくらぐらいするのか?

マキベリーは通常いくらぐらいで販売されているのでしょうか?

希少な果物ということもあり、
価格が高い・・・というイメージを持っている方も少なくないようですが、
もちろん商品によってはかなり安いものもあります。

では気になる相場ですが、
安いものであれば2,500円前後で購入することができますし、
高いものであれば5,000円程度になります。

正直な所、価格帯はバラバラです。

とは言え、これにもきちんと理由があり、
マキベリーエキスの他、含まれている成分量の差によるもの
というイメージです。

マキベリーというよりは、それ以外の成分で価格差があるようです。

例えば疲れ目に有効とされているマリーゴールドのルテインや、
イクラなどに含まれているアスタキサンチン
美容効果を狙っているコラーゲンなどです。

こういった成分で価格差が出てきています。

なお、これらの成分による差があるものの、
ほとんどの商品はGMP認定工場で作られており、
決して質が劣るというものではないです。

さて、この価格相場を聞いて高いと思うでしょうか?

店頭販売されている格安サプリメントなどを使用していれば、
少し高く感じてしまうかもしれませんね。

でも、サプリメントは価格と成分量が比例しやすい傾向にあり、
安ければその分の成分量、高ければそれに見合った成分量が有る
という実情があります。

価格を取るか?成分量を取るか?ということになりますね。

マキベリーの販売方法ってどんなもの?

先程の価格相場。

実は、マキベリーをサプリメントにした場合と、
パウダーにした場合の価格相場です。

実はマキベリーはドリンクや食用といった商品が極端に少ないのが現状です。

繰り返しになりますが、
ベリー系の果物の中では最も生産量が少ないため、
販売方法が限られているということになります。

マキベリーを摂るには主にこの2択になります。

 

マキベリーサプリメントはここ!おすすめ通販ランキング!