マキベリーは妊娠中に使用してもよいの?どうなの?

マキベリーはポリフェノールが非常に優れた果物であり、
同じベリー系の果物であるアサイーやブルーベリーよりも含有量が多いです。

例えばこの表を見てみてください。

これを見てみもらえれば分かりますが、
マキベリーのポリフェノールが圧倒的に優れているのが分かります。

ポリフェノールが優れているということは、抗酸化力に優れているということであり、アンチエイジング、代謝の活発化、あるいはダイエットなど、
さまざまな効果に期待できることになります。

では、このマキベリー。

妊娠中に使用しても大丈夫なのでしょうか?

これはどの果物にでも言えることですが、
妊娠中は各種ビタミンを積極的に取っていく必要があるため、
果物は食べていく方が望ましいです。

そしてこれはマキベリーも例外ではありません。

マキベリーはポリフェノールはもちろん、
ビタミンも豊富に含まれているため、妊娠中に摂っておいて損はないでしょう。

特にビタミンCが優れているという特徴があります。

ビタミンCは妊娠中に欠かせないビタミンの一つであり、
葉酸と同様に摂取しておくべきビタミンでもあります。

マキベリー自体、自然の果物ですので、
摂取しておいて損はないでしょう。

また、カルシウムが優れているという特徴もありますので、
牛乳が苦手な方にもおすすめすることができます。

特に私は昔から牛乳が苦手だったので、
マキベリーを使用するようになってから、だいぶ助かっています。

妊娠中あhカルシウムにも気を配らなければならないため、
この点は非常にありがたいですね。

また、繰り返しになりますが、抗酸化力に優れた果物であり、
アンチエイジング効果を始めとしたさまざまな健康効果に期待できますし、
もちろん美容効果にも期待できます。

妊娠中、授乳中、育児中であっても、
美容に気を配りたいというのが本音ではないでしょうか?

その場合、マキベリーを使用しておいて損はないでしょうし、
繰り返しになりますが、あくまでも自然の果物ですので、
妊娠中でも問題ないと考えて良いでしょう。

なお、科学的根拠雨が未だに明確にはなっていないものの、
ビタミンCに関しては、抵抗力を強化するということもありますが、
つわりを軽減してくれる効果があると言われています。

妊娠中に酸味が強い果物が好まれやすくなってくるのは、
ビタミンCが豊富に含まれている果物の酸味によるものといわれています。

食用のマキベリーってあるの?

実はマキベリーは世界中の中でも一部の地域でしか生産されていない果物であり、
食用のものはまず販売されていません。

ブルーベリーやアサイーベリーなどは比較的流通量もあるのですが、
マキベリーはなかなか例がなく、食用のものを探すのは難しいでしょう。

そこでおすすめするのがサプリメント、パウダーです。

これらは種類が豊富とは言い難いのですが、それなりに販売されており、
品切れになるということはまずありませんので、
マキベリーを試すのにはうってつけと言えるでしょう。

ただし、市場流通しているほどではなく、
基本的に通販で購入することになります。

気になる価格設定は?

マキベリーは希少な果物ということもありますし、
栄養価が非常に高いという特徴があるため、価格が高いと思う方も少なくないようです。

ですが実は、他のサプリメントと同じ程度の価格で購入することができます。

例えばクッキリン。

これはマキベリーエキスのほか、DHAなどを含んでいるサプリメントですが、
通常価格が2,500円程度であり、比較的手頃な価格設定といえます。

もしあなたが妊娠中で、マキベリーを使用しても大丈夫か?
と考えているのであれば、まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

少なくとも使用しておいて損はない果物と言えるでしょう。

 

マキベリーサプリメントおすすめランキングはこちら

マキベリーの口コミってどんな感じ?実は紹介されていないさまざまな効果が!?

マキベリーはパウダー、サプリメントなどで主に販売されていますが、
多くの商品の公式サイトで紹介されているものが、
アンチエイジング、美容、目の疲れ、だるさ解消などです。

これらはもちろんその効果を得られる、実感している方が多いからこそ
記載されている内容であり、虚無の記載はありません。

ですが逆にこれらの商品の公式サイトで紹介されていない効果
いくつかあるのをご存知でしょうか?

実は口コミを見てみるとさまざまな効果を実感している人もいて、
結構参考になりますし、あなた自身がマキベリーを使用するかどうかの
判断ポイントとなるのではないでしょうか?

そこで、マキベリーを実際に使用した人の口コミで、
紹介されている効果について触れてみたいと思います。

便秘が良くなった

これは私自身が効果を実感したものですので自信を持って紹介します(笑)

これはマキベリーが持っているアンチエイジング効果によるもの
と言われていますが、内臓機能にもアンチエイジング効果がある
というものです。

私は昔から便秘体質であり、1週間に1回程度は当たり前、
ひどいときは10日ほどお通じが来ないということもあります。

これは母も同様であり、まあ遺伝によるものなんだろうと、
正直諦めていたので、特に治そうとも思っていませんでした。

そんなときに全く別の効果を狙ってマキベリーを使用し始めたわけですが、
マキベリーを使用してから、急にお通じが良くなり、
1週間に1回程度だったのが2~3日に1回という頻度までになりました。

いままでどんなに食生活に気を付けていても駄目だったのに、
これには本当に驚きです。

これは口コミでも実際に公開されている効果であり、
私自身が体験してる効果ですので、繰り返しになりますが、
自信を持って紹介できます。

ダイエット効果

これも比較的多い口コミの一つです。

マキベリーってあくまで果物ですので、ダイエットとなんの関連があるの?
と思う方も少なくないかもしれません。

ですが、マキベリーのアンチエイジングによって、
代謝が活発化してくることによって得られる効果の一つです。

アンチエイジングの効果で代謝が活発化されてくれば、
汗をかきやすくなってきます。

汗をかくということは、イメージできると思いますが、
カロリーの消費量が増え、余分なカロリーが体内にとどまりにくくなる
ということになります。

ですので、汗をかくことでカロリーの消費量が上がっていき、
ダイエット効果につながっていくという仕組みになります。

これは私は運動が苦手ということもあり、
そこまで実感したわけではありません。

ですので、便秘よりは自信を持って紹介しにくいです(笑)

ですが、口コミの中では結構な人が効果を実感しているようです。

  • 痩せてきて本当によかった。
  • ジョギングしたときの汗の量が多くなったと思う。
  • すぐに汗をかくようになってきた。

といった口コミもよく見かけるため、
効果を実感している人も多いということでしょう。

また、汗をかくということはカロリーの消費以外にも、
健康面で優れているということができます。

汗をかくということは、体の中に溜まっている老廃物を外に出す
ということになりますので、この作用が活発化されることで、
健康効果につながっていくと考えて良いでしょう。

年齢を重ねていくごとに代謝は衰えていきますので、
どうしても健康面の効果が損なわれてしまうことはやむを得ません。

ですが、この衰えた代謝を再び活性化することで、
ダイエットとともに健康面での効果も期待できることになります。


以上、口コミによる2つの固化をご紹介しました。

マキベリーの優れたポリフェノールによって、
このような効果を実感している方もいますし、
私も同じくその効果を実感しているため、使用しておいて損はないと言えます。

 

マキベリーサプリメントランキングはこちら

 

マキベリーとブルーベリーを比較してみるとこのような結果に!?

健康によい。目の疲れによく効く。

そういった理由でブルーベリーを食べたり、ドリンクを飲んだり、
あるいはサプリメントを服用している方は多いと思います。

実際に私自身パソコンを1日中使用する仕事をしているため、
常にブルーベリーサプリメントなどを使用していました。

ですが、思っていたほど効果はなく、
頭痛や肩こりに悩まされていました。

まあどこでも売っている格安サプリメントであり、
成分量が気休め程度のものだったので仕方がありませんでしたが。

そこで、なにかいいものがないかな?と思っていたところ、
マキベリーの存在を知りました。

マキベリーにはブルーベリーよりも遥かに成分量が豊富である
という特徴があることも知り、早速試してみることにしました。

ちなみに両者の成分を比較してみるとこのような感じだそうです。

目の疲れに有効と言われているのはアントシアニンと呼ばれる
ポリフェノールであるとされています。

そしてこの表を見て分かる通り、マキベリーに含まれているポリフェノールは、
ブルーベリーの14倍とされています。

これだけの成分量の差があれば得られる効果は違うのではないかと思い、
早速試してみることにしました。

その当時はアサイーベリーが流行っていたので、そちらも考えたのですが、この表を見てみると、やはりマキベリーが優秀なようでしたし。

目の疲れや肩こりに悩まされている私にとっては、
とにかく成分量が豊富な方が良いということもあり、
マキベリーを試してみることに。

価格が意外と安かったということもありましたし。

マキベリーのサプリメントは市販品がほとんどなく、
通販で取り扱っているものばかりだったのですが、
アサイーベリーサプリは3,000円程度、ブルーベリーサプリは2,000円程度。

このような価格設定に対して、マキベリーは高いかと思いきや、
2,500円程度で購入できる手頃なサプリメントがあり、
これだ!と瞬間的に思い、早速試してみることにしました。

成分量が豊富でレアな果物と言われているのにもかかわらず、
価格が意外と安いのはとても助かりましたし、
なぜかアサイーベリーサプリよりこっちの方が安かったので。

私が試したサプリメント。

それはクッキリンと呼ばれるものです。

このような商品になります。

マキベリーエキスの配合量もかなり多いのですが、
各種ビタミンはもちろん、アントシアニンと同じ効果を持っていると言われているルテイン。

さらに画像には書かれていませんが、DHAやEPAといった、
血液をサラサラにしてくれる成分もセットで配合されており、
今でもこれ以上のサプリメントにはなかなか見つけられません。

とりあえず目の疲れや頭痛、肩こりなどが良くなればいいやと思って購入してみたのですが、嬉しい特典として、これはタブレットタイプのサプリメントでした。

つまり、味を楽しみつつサプリメントとして使用可能ということです。

この手の果物は酸味が強いイメージが有り、酸っぱいのが苦手な私にとっては、
少し不安もありましたが、普通に甘くて美味しかったです。

で、肝心の効果というと、1ヶ月ほどでだるさや頭痛の症状が良くなってきました。

これ、ウソのように感じますが、マジ話です(笑)

ブルーベリーサプリメントをいくら使用しても駄目だったのに、
マキベリーサプリに切り替えたら、わずか1ヶ月ほどで良くなってきました。

これには本当に驚きました。

アントシアニンの数量が違うだけで、ここまで体調の変化が訪れるとは。

結果的に見ると大正解だったと思います。

マキベリーの味も気に入り、最近ではサプリメントのほか、
パウダーなんかも購入して味を楽しむようになってきました。

ということで、ブルーベリーとマキベリーの比較。

マキベリーの方に軍配が上がりました。

少し高いかもしれませんが、それ以上に効果が得られたと私は思います。

 

マキベリーは鉄分が豊富な果物!実は優れた栄養価を持っています。

マキベリーは優れたポリフェノールを持っているということで、
ブルーベリーやアサイーベリーに変わる果物とされています。

ただし、生産量が絶対的に少ない果物でもあり、
なかなか商品が販売されていないため、どうしても知名度が低くなります。

実はこのマキベリーは、ポリフェノールのほか、
鉄分が豊富な果物と言われています。

鉄分と言えば、人間の血液を作る重要な栄養素の一つですが、
殆どの人がレバーなどをイメージするのではないでしょうか?

貧血を予防するために、レバーを食べている人は多いと思います。

ですが、マキベリーはこのレバーよりも鉄分が豊富な果物であり、
マキベリーを摂るだけでも貧血予防になります。

レバーと言えば、実際に好みが分かれる果物であり、
あまり美味しくない・・そう考えている人も多いのではないでしょうか?

少なくとも私はあのパサパサした感じや生臭い感じが好きではなく、
極力食べたくないと思っていました。

でも貧血になって倒れるのは・・・と思い、不定期ですが、
昼食に食堂でレバニラ炒めなどを食べるようにしています。

でも、いくら味付けが良くても、レバー自体の食感が好きになれず、
どうしたものかなと悩んでいました。

そんなときにマキベリーに出会ったのですが、
レバーよりも鉄分が豊富に含まれているということで、
これだ!と思い、それ以降は、全く食べていないとは言いませんが、
レバーよりもマキベリーを摂ることの方が多くなってきたと思います。

もしあなたが私と同じようにレバーが嫌い。

そう考えているのであれば、
これを機会にマキベリーにしてみるのも一つの手かなと思います。

実はこのベリー系の果物は、全体的に鉄分が豊富という特徴があるようです。

例えば品種こそ違いますが、アサイーベリーなどもありますが、
これも鉄分は豊富な果物であり、栄養素は比較的似ていると言えます。

カルシウムも豊富な果物

実はマキベリーやアサイーベリーが優れている部分はこれだけではありません。

先程の鉄分も豊富であるほか、カルシウムも豊富に含まれているという特徴があります。

カルシウムといえば、牛乳を飲むのが一番の近道ですが、
牛乳って飲めないって言う人も意外に多かったりします。

特に私の子どもは牛乳が嫌いで、好き嫌いが多く、
食事にもかなり気を使うという始末です・・・。

ですがマキベリーは甘くて酸味も少なく、子どもが親しみやすい味でもあるため、
試しにマキベリーのパウダーをヨーグルトに混ぜて食べさせたら、かなり評判が良かったです。

カルシウムも取れて、鉄分も多い。

確かに人気が出る果物であることが分かりますね^^

実はマキベリーは生産量がとても少なく、
店頭で販売されているなんてことはまずありません。

実際にスーパーなどに行ってみれば分かりますが、
ドリンクなどの商品もほとんどなく、自ずと販売形態が限られているようです。

主に販売されている方法は、サプリメントかパウダーの2種類となります。

私はともかくとして、子どもたちはサプリメントを飲むほど体が弱っていませんので、パウダーを購入してみました。

結果は大正解だったようです。

牛乳が嫌いということで、ほとほと困ってはいましたが、
マキベリーを購入して大正解だったと思います。

私自身も健康効果を狙ってマキベリーパウダーを試していますが、
便秘が良くなったり、以前より太りにくくなってきた等、
健康面でも良い効果が出ているのかなと。

そんな栄養が満点のマキベリー。

あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?

実は、マキベリーは販売形態は限られていますが、
ブルーベリーやアサイーベリーとそれほど変わらない価格設定ですので、
大きな負担にもならないというメリットもあります。

 

アスタブライトは成分量にこだわったサプリメント。マキベリーが含まれている

マキベリーサプリメントは希少なマキベリーを使用していても、
比較的手頃な価格設定のものもあり、そこまで高くないというのが印象です。

とは言え、もちろんサプリメントはピンからキリまでありますので、
成分量にこだわった高額なサプリメントもあります。

それがアスタブライトです。

このような商品です。

クッキリンなど、2,000円台で購入することができる
マキベリーサプリメントが多い中、これは5,000円程度と倍の価格設定です。

初回の割引率がかなり大きく、返金保証もついているサプリメントですので、
一度試したいという方にはうってつけですが、
継続していくには厳しい価格とも言えます。

もちろんこれは詐欺のようなサプリメントということではなく、
成分量が他のサプリメントと比較してかなり多いためであり、
きちんとした理由があるサプリメントです。

では、アスタブライトにはどのような成分が含まれているのか?

簡単にご紹介していきます。

まずマキベリーエキス。

アスタブライトにメインとして使用されているマキベリーエキスは
100mg以上とかなり多い分類に入ります。

これが価格が高めに設定されている一つ目の理由と言えるでしょう。

とは言え、この数値は他のサプリメントより少し多いかな?という程度ですので、
これだけで倍の価格設定になるとは少々考えにくいです。

この他に含まれている成分として、
アスタキサンチンと呼ばれるポリフェノールがあります。

アスタブライトの価格が高いのはこれが一番のポイントです。

アスタキサンチンは植物性というよりは、動物性といったほうが良いかもしれませんが、イクラなどの魚介類に多く含まれている成分とされています。

イクラと聞けば殆どの方がイメージできると思いますが、
決して安い価格設定ではないですよね?

少なくとも格安の成分とは言い難いです。

これがアスタブライトの価格が高いと言われる一番の理由と考えます。

ですがアスタキサンチンの効果は非常に高いと言われており、
皮膚や目など、外気に触れる部分を保護するためのバリアのような機能
を持っていると言われています。

そしてアスタブライトに含まれているアスタキサンチンは
他のサプリメントよりもかなり多く、最低でも5倍以上は含まれています。

アスタキサンチン自体が高額な成分であることや、
それ相応の効果が高いために、基本価格を上げざるを得なかったようですね。

最後にDHAやEPAなどサンマやイワシなどに含まれている成分も合わせて配合されています。

これらは血液の循環を良くするといった効果が見込まれており、
多くのサプリメントに使用されていますが、それほど高額な成分ということではないため、価格を挙げる原因とは言えないでしょう。

以上のことから、アスタブライトが他のサプリメントよりも価格が高いのは、
マキベリーエキスが多いこと、アスタキサンチンが多いこと。

この2つが挙げられます。

あくまで成分量と効果に拘ったサプリメントということでしょうか。

確かにこの価格設定では継続するにしても少し難しいかもしれませんが、
この成分量の多さはおきな魅力の一つと言えます。

実際に、アスタキサンチンを配合しているサプリメントはあまりなく、
これほどの配合量のサプリメントはまず見かけません。

少なくとも私が知る限りでは、
これほどアスタキサンチンを配合したサプリメントは存在しません。

私は価格よりは成分量や効果を重視してサプリメントを選ぶタイプですので、
一概にこのサプリメントが悪いという印象はなかったです。

価格を重視するのか、それとも成分量を重視するのか。

そういった選択が必要になってくるサプリメントでしょう。

ただし、初回割引額が非常に大きいため、一度試すことは十分に可能かと思います。

マキベリーのドリンクって実はあまり売っていない!?通販ではどうなの?

あなたがブルーベリーやアサイーベリーのドリンクを飲んだことがあるのであれば、
なんとなくわかると思いますが、マキベリードリンクってほとんどないですよね?

多くのものがアサイーベリーやブルーベリーの商品だと思います。

これはもちろんマキベリーの生産量がほかと比べて絶対的に少ないためです。

少なくとも私はマキベリーなんて、最初は存在すら知りませんでしたから。

そんなレベルです。

ブルーベリーやアサイーベリーを知っていても、
マキベリーを知っている人は少ない。

そういう人は多いのではないでしょうか?

これはネット通販でも全く同じことが言えます。

例えば大手通販サイトといえば、
Amazon、楽天などをイメージする人も多いと思いますが、
実はこれらの大手通販サイトであっても、マキベリードリンクなどは
まず販売されていません。

ではマキベリーの販売形態にはどのようなものがあるのでしょうか?

実は殆どがパウダー、もしくはサプリメントです。

実際にマキベリーを購入する場合は、これらのどちらかになるでしょう。

マキベリーは酸味が比較的弱くなっており、
その分甘みが強くなっているという特徴があるようです。

私はかなり甘党ですので、マキベリーの食用がないのは
結構残念だったりしますが、生産量が少ない以上は仕方ありませんし、
パウダーでも味はそのままですので、十分楽しむことができるのかなと思います。

少なくとも色々と探し回ってドリンクを求めるよりは、
パウダーなどで何かと混ぜて味を楽しむという方法が手軽でしょう。

マキベリーは密かに有名な果物??

では、ここまで希少で知名度も低く、販売形態も限られている中で、
なぜ人気が出てきているのでしょうか?

それはマキベリーが持っているポリフェノールの含有量です。

アサイーベリーやブルーベリーを使用しているのであれば、
おそらく健康効果を狙って購入していることと思います。

どちらもポリフェノールが豊富に含まれていますし、
栄養価も高い果物と言われていますから。

これは事実です。

ですがマキベリーは、これらの果物どころか、
他の果物を圧倒するほどのポリフェノールを含んでおり、
海外のセレブたちの間では御用達の果物とされています。

これは下記の表を見てもらえればわかります。

この表を見て分かる通り、他のベリー系の果物と比較してみても、
マキベリーが非常に優れた果物であることが分かると思います。

これがマキベリーが人気の果物である理由です。

ましてや日本人はレアなものが好きですので、
ポリフェノールに優れており、希少価値の高い果物であれば、
やっぱり人気が出ますよね?

ちなみに、希少で販売形態も限られているということで、
価格面を心配する方も少なくないようですが、
実はマキベリーのパウダー、サプリメント、どちらも他のベリー系のものと
価格があまり変わらないようです。

例えばこのクッキリン。

マキベリーエキスも申し分なく配合されており、更には目の疲れに有効とされている、ルテイン、DHAなんかも配合されているサプリメントですが、
基本価格は2,500円程度となっています。

このサプリメントの価格設定って
アサイーベリーサプリやブルーベリーサプリメントと比較してみても
あまり変わらないですよね?

商品によってはそれ以下だったりもします。

ですので、希少と言えども価格設定も意外と手頃ですので、
もしあなたがこの手の商品を探しているのであれば。

マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は味を楽しみたいタイプですので、
さまざまな食品などに混ぜることができるパウダーの方をメインにしていますが、
味は二の次にして、成分量を求めるのであればサプリメントの方が良いでしょう。

これらは単純にあなた自身の好みの問題になります。

 

マキベリーサプリメント、パウダーランキングはこちら

 

マキベリーサプリで代謝が良くなる!?その仕組とはどんなもの?

マキベリーサプリメントは、アンチエイジング、美容効果、
疲労回復、視力の回復など、さまざまな場面で効果を発揮すると言われています。

これはマキベリーが持っているポリフェノールが豊富であることによるものでしょう。

さまざまな健康効果を得ることができるとされていますが、
その中の一つに代謝の活発化があります。

代謝が活発化されるということは、汗をかきやすくなるということですし、
それによってダイエット効果も実感しやすくなってきます。

また、汗をかくということは、
体の中に溜まってしまう老廃物を外に出す役割を持っています。

汗をかくことが健康に良いというのはイメージが付くかもしれませんが、
代謝が活発化されることでこの能力も活性化され、
健康効果につながっていくと言われています。

代謝の衰えはいつごろから?

実は私達の代謝の能力は25歳を超えた当たりから能力が衰えてくる
と言われています。

25歳まではどんどん新しい細胞が生み出されることにより、
代謝がよく、汗をかきやすく、健康でいられる場合が多いのです。

ですが、25歳を超えた当たりで細胞を作る能力が落ちていき、
どんどん細胞が古くなってきます。

これはご存知方も多いかもしれませんが、
酸素によってもたらされるものです。

私たちは呼吸によって酸素を体内に取り込みますが、
それは同時に細胞と酸素が化学反応を起こして結合し、
細胞が錆びてしまうのです。

錆びてしまった細胞は本来の能力を発揮することができなくなりますので、
段々と体が衰えていくのです。

これはスポーツ選手なんかをイメージしてみるとわかりやすいと思います。

例えば、スポーツ選手が30代のあたりで自分の能力に限界を感じ、
引退する人が多いのはご存知でしょう。

これは言ってしまえば、
細胞が衰えて本来の能力を発揮できなくなることに関連しますので、
それを自覚することも、引退することもごく自然のことなのです。

これが酸素によって細胞が衰えていくという仕組みです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
これに対してマキベリーの抗酸化力が役立つとされています。

抗酸化力とは酸素と結びついた細胞から、
酸素を切り離し、細胞を活性化させてくれる能力のことであり、
これが優れていることで、細胞の活性化に期待が持てることになります。

マキベリーの抗酸化能力によって、細胞が活性化されますので、
さきほどご紹介した代謝の活発化につながっていくとされています。

ベリー系の中でもマキベリーはダントツ

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと同様に、
ベリー系の果物ということで一括りにされていますが、
原産地はそれぞれ全く異なります。

例えばアサイーベリーはツツジ科の果物になる実といわれており、
原産はブラジルのアマゾンと言われています。

この手の果物は寒い地方であればあるほど成分が濃縮されると言われていますが、
これは意外な結果ですね。

ブラジルと言えば暑いというイメージしかありませんし。

さて、これに対してマキベリーはホルトノキ科の木になる果物であり、
原産もチリの高原地域と言われています。

そして年間気温が低く、寒暖差が少ない地域に向いていると言われています。

さて、これらの果物はベリー系ということで
同等に扱われる場合が多いのですが、含んでいるポリフェノールの量では、
圧倒的にマキベリーが優れているようです。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?
※ORACLE値=抗酸化力のこと。

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと比較してみても、
ダントツに抗酸化力が優れているのがわかりますよね?

アサイーベリーを健康に良いということで、
サプリメントやスムージーを飲んでいる人は多いかもしれませんが、
マキベリーには今一歩及ばないようです。

もしあなたが健康食品などを考えているのであれば、
マキベリーを選択に入れてみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリおすすめランキングはこちら

マキベリーが美容に良いとされている理由は何?実は抗酸化力によるもの

マキベリーは従来より美容に良い果物と言われてきました。

これは同系列の果物であるアサイーベリーなんかを
例に挙げるとわかりやすいかと思います。

アサイーベリーは健康に良い、美容に良い・・・。

何となくそのようなイメージが有るのではないでしょうか?

これはもちろんガセ情報といった類のものではなく、
アサイーベリーが持っている抗酸化力によるものです。

抗酸化力とは、一言で言えば酸素に対して抵抗する力と言われています。

当たり前の話ですが一応説明しておくと、
私たちは酸素によって生命活動を維持しています。

ですがそれは細胞が酸素と結合する、
いわゆる酸化することになります。

参加した物質は錆びてしまい、
従来と同じように活動することができなくなります。

例えば錆びた車なんかをイメージしてもらえれば分かりますが、
古い車が錆びているのを見たことがある人は多いでしょう。

これはもちろん、酸素によって車の鉄が錆びてしまい、
酸化しているということであり、元通りのツヤが出てこなくなります。

これは私達でも同様であり、
呼吸によって酸素を体内に取り込みますが、
同時に酸素によって細胞が酸化してしまうということになるのです。

これは人間の仕組みである以上やむを得ないものと言われていますが、
これに対して抗酸化力が存在します。

抗酸化力とは、酸化した細胞から酸素を切り離す能力のことであり、
この数値が優れているということは、
細胞の活性化に期待が持てるということになります。

これが美容面で効果を発揮します。

肌の細胞が酸素によって酸化したものを、
酸素から切り離してくれることにより、肌の細胞がある程度活性化されます。

そして、繰り返しになりますが、
アサイーベリーなどはこの抗酸化力が優れているため、
美容に良い果物と言われています。

マキベリーのすすめ

ではマキベリーはどうなのでしょうか?

実はマキベリーはこの抗酸化力が更に高い果物と言われており、
単純にアサイーベリーの数倍はあると言われています。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?

マキベリーの抗酸化力は他のベリー系の果物を圧倒し、
ダントツの1位になっているのがわかりますか?

マキベリーが非常に優れているとされているのは、
この抗酸化力が高いことが要因と言えるでしょう。

もともとマキベリーは国内では生産されておらず、
世界でも生産されている場所が限られている希少な果物です。

ですので、知名度という点ではかなり低く、
生産量も決して多いわけではありませんが、
それでもブルーベリーやアサイーベリーなどのサプリメントと、
同じぐらいの価格設定で提供されています。

もしあなたが美容効果を狙ってブルーベリーなどを考えているのであれば、
マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリランキングはこちら

マキベリーの味はどんな感じ?食べる方法は??

マキベリーはベリー系の果物に分類されていますが、
品種が少し異なるため、当然味も微妙に違ってきます。

例えばアサイーベリーはヤシ科の植物に分類される果物であり、
ブラジルなどが発祥とされています。

これに対してマキベリーはホルトノキ科に分類される果物であり、
品種も違いますし、生産地もチリの高原地帯の一部に限定されています。

これらの理由により、味は微妙に違ってくるようです。

ではマキベリーは他のベリー系の果物と比較してみて、
美味しいのでしょうか?それとも不味いのでしょうか?

ぶっちゃけていうと、人の好みです^^;

ですが、他のベリー系の果物(例えばアサイーベリーやブルーベリーなど)
と比較してみると、酸味が弱めで甘みが強いと言われています。

私は酸味よりも甘さを好むタイプですのでこの点は嬉しい限りですね。

これはアサイードリンクなんかを飲んだことがある人であれば、
なんとなくイメージできるかもしれませんが、
カフェなんかでアサイードリンクを飲んだ場合って、
結構酸っぱいと思いませんでしたか?

アサイーベリーはマキベリーと対象的に甘みが抑えられており、
酸味が強い果物ですのであのような味わいになっています。

そして酸味と相性が良いヨーグルトと合わせることで、
より美味しく飲むことができます。

アサイードリンクがヨーグルトとセットになっているのは、
アサイーベリーの酸味の強さと相性が良いとされているためです。

少し話がそれてしまいましたが、味に関してはあくまで人の好みによりますので、
どれかが優れているということではありません。

確かにポリフェノールの含有量という点で見た場合、
マキベリーが優れているのは間違いありません。

ですが、味という点で見た場合は、完全に人の好みですので、
私と同じように甘みが強い方がよいというのであれば、
マキベリーをおすすめします。

実は食用のマキベリーはあまりない!?

もしあなたが楽天やAmazonといった大手の通販サイトを
利用されているのであればなんとなくイメージできるかもしれませんが、
マキベリーって販売形態が限られているのをご存知でしょうか?

例えばブルーベリーやアサイーベリーであれば、
食用のものが多数販売されています。

ですが、マキベリーに関しては生産量が極端に少ないため、
食用のものがほとんど販売されていません。

マキベリーの味を楽しむためには、
パウダーを購入するのが一般的と言われています。

とは言え、マキベリーの成分の摂取を目的としているのであれば、
やはりパウダーは見劣りしてしまいますね。

そこでおすすめするのが、
味を楽しみながサプリメントのように成分が濃縮されているクッキリンです。

これはサプリメントとくらべても決して見劣りしない成分量を
持っていますが、タブレットタイプで販売されているため、
味を楽しみながらマキベリーの栄養を摂取することができるという特徴があります。

サプリメントを飲んだことがある人は多いと思いますが、
基本的に味がしませんし、あくまで栄養補給や健康目的で
飲んでいる人がほとんどでしょう。

それを覆したのがこのクッキリンになります。

もしあなたがマキベリーの栄養素に興味があり、
更に味を楽しんでみたいと考えているのであれば。

クッキリンを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみ私がく麒麟をおすすめするポイントとして、
価格設定が比較的手頃であるという点です。

先程お伝えしたとおり、マキベリーは他のベリー系の果物と比較して、
生産量が少ないため、希少な果物とされています。

にもかかわらず、1ヶ月分の数量で価格が2,500円程度と、
比較的手頃な価格設定になっています。

5,000円とか10,000円とか、高額なサプリメントが多数販売されている中で、
この価格設定は見事だと思います。

アサイーをマキベリーは凌ぐ!?それは本当なの??

マキベリーは優れた抗酸化力を持ち、ブルーベリーやアサイーを超えるスーパーフルーツとネットで称されているのをよく見かけます。

確かにこの表を見てもらえればそれは何となく分かるでしょう。

いかがでしょうか?

マキベリーが優れていると言われているのはこのポリフェノールの量が圧倒的に優れているからであり、これは紛れもない事実です。

ですが一点誤解のないように言っておけば、
アサイーがマキベリーより劣った果物であると言われば、決してそんなことはないということです。

まずマキベリーとアサイーベリーはそもそも品種が異なります。

アサイーベリーはヤシ科に分類される果物であり、原産地はブラジルと言われています。

そしてブラジルと言えばなんとなくイメージが付くと思いますが、気温は高めであり、熱帯雨林気候の地域です。

この手の果物は寒い地域であるほどより育つと言われていますが、実はアサイーベリーの原産国はブラジルなのです。

これに対してマキベリーはホルトノキ科と呼ばれる品種の果物であり、チリの高原地帯が原産地とされています。

年間の基本は全体的に低めであり、寒暖差が少ないという地方でよく育つと言われています。

気になるアサイーの栄養価は??

繰り返しになりますが、ポリフェノールという点ではアサイーベリーよりもマキベリーのほうが優れているというのは紛れもない事実です。

ですが、アサイーにはマキベリーにはない大きな特徴があり、栄養価という点で優れています。

例えば鉄分。

貧血予防、血流を良くするなどの目的でレバーなんかを食べている人も多いと思いますが、実はアサイーベリーはレバーの約3倍の鉄分が含まれていると言われています。

これ、ウソのように感じますが、本当の話です(笑)

普通果物にこれほどの鉄分が含まれているって誰も思わないですよね?

ですがアサイーベリーにはこれほどの鉄分が含まれているわけです。

この栄養価の高さがアサイーベリーの大きな特徴であり、魅力の一つとも言えるでしょう。

他に優れているのはカルシウムなんかです。

カルシウムに関しては言うまでもありませんが、骨を丈夫にし、骨粗しょう症なんかを予防してくれる効果があると言われていますよね?

実はアサイーベリーには牛乳に勝るとも劣らないカルシウムが含まれているという特徴がありますので、これも大きな魅力といえるのではないでしょうか。

例えばお子さんなんかのおやつなんかにもいいですよね?

私の周りの話を聞いてみると、子どもが牛乳嫌いで飲むヨーグルトをしかたなく飲ませている・・・なんて話もよく聞きます。

そんなときにアサイーベリーなんかも選択肢に入れてみるのも良いのではないでしょうか?


以上の特徴があります。

最初にお伝えしたとおり、最近ではネットの情報やyahoo知恵袋なんかでよくアサイーベリーはもう古いなんてネガティブな意見を見かけます。

ですが半分は本当と言えても、こような優れた特徴があることから、決して劣っている果物というわけではないということになりますね。

そもそもそんなに劣っている果物だったとしたら・・・。

カフェやコンビニなんかで未だに販売されているはずはありませんよね(笑)

おそらくすぐに販売中止になるなり新しい商品に差し替えられたりすると思いませんか?

さて、アサイーベリーはもう古いと思っているあなた。

こんな特徴があるということを参考にしてみてはいかがでしょうか?

マキベリーと違って食用のものも楽天などで販売されていますので、少なくとも用途性は大きいのかな?と感じます。