マキベリーは妊娠中に使用してもよいの?どうなの?

マキベリーはポリフェノールが非常に優れた果物であり、
同じベリー系の果物であるアサイーやブルーベリーよりも含有量が多いです。

例えばこの表を見てみてください。

これを見てみもらえれば分かりますが、
マキベリーのポリフェノールが圧倒的に優れているのが分かります。

ポリフェノールが優れているということは、抗酸化力に優れているということであり、アンチエイジング、代謝の活発化、あるいはダイエットなど、
さまざまな効果に期待できることになります。

では、このマキベリー。

妊娠中に使用しても大丈夫なのでしょうか?

これはどの果物にでも言えることですが、
妊娠中は各種ビタミンを積極的に取っていく必要があるため、
果物は食べていく方が望ましいです。

そしてこれはマキベリーも例外ではありません。

マキベリーはポリフェノールはもちろん、
ビタミンも豊富に含まれているため、妊娠中に摂っておいて損はないでしょう。

特にビタミンCが優れているという特徴があります。

ビタミンCは妊娠中に欠かせないビタミンの一つであり、
葉酸と同様に摂取しておくべきビタミンでもあります。

マキベリー自体、自然の果物ですので、
摂取しておいて損はないでしょう。

また、カルシウムが優れているという特徴もありますので、
牛乳が苦手な方にもおすすめすることができます。

特に私は昔から牛乳が苦手だったので、
マキベリーを使用するようになってから、だいぶ助かっています。

妊娠中あhカルシウムにも気を配らなければならないため、
この点は非常にありがたいですね。

また、繰り返しになりますが、抗酸化力に優れた果物であり、
アンチエイジング効果を始めとしたさまざまな健康効果に期待できますし、
もちろん美容効果にも期待できます。

妊娠中、授乳中、育児中であっても、
美容に気を配りたいというのが本音ではないでしょうか?

その場合、マキベリーを使用しておいて損はないでしょうし、
繰り返しになりますが、あくまでも自然の果物ですので、
妊娠中でも問題ないと考えて良いでしょう。

なお、科学的根拠雨が未だに明確にはなっていないものの、
ビタミンCに関しては、抵抗力を強化するということもありますが、
つわりを軽減してくれる効果があると言われています。

妊娠中に酸味が強い果物が好まれやすくなってくるのは、
ビタミンCが豊富に含まれている果物の酸味によるものといわれています。

食用のマキベリーってあるの?

実はマキベリーは世界中の中でも一部の地域でしか生産されていない果物であり、
食用のものはまず販売されていません。

ブルーベリーやアサイーベリーなどは比較的流通量もあるのですが、
マキベリーはなかなか例がなく、食用のものを探すのは難しいでしょう。

そこでおすすめするのがサプリメント、パウダーです。

これらは種類が豊富とは言い難いのですが、それなりに販売されており、
品切れになるということはまずありませんので、
マキベリーを試すのにはうってつけと言えるでしょう。

ただし、市場流通しているほどではなく、
基本的に通販で購入することになります。

気になる価格設定は?

マキベリーは希少な果物ということもありますし、
栄養価が非常に高いという特徴があるため、価格が高いと思う方も少なくないようです。

ですが実は、他のサプリメントと同じ程度の価格で購入することができます。

例えばクッキリン。

これはマキベリーエキスのほか、DHAなどを含んでいるサプリメントですが、
通常価格が2,500円程度であり、比較的手頃な価格設定といえます。

もしあなたが妊娠中で、マキベリーを使用しても大丈夫か?
と考えているのであれば、まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

少なくとも使用しておいて損はない果物と言えるでしょう。

 

マキベリーサプリメントおすすめランキングはこちら

マキベリーの口コミってどんな感じ?実は紹介されていないさまざまな効果が!?

マキベリーはパウダー、サプリメントなどで主に販売されていますが、
多くの商品の公式サイトで紹介されているものが、
アンチエイジング、美容、目の疲れ、だるさ解消などです。

これらはもちろんその効果を得られる、実感している方が多いからこそ
記載されている内容であり、虚無の記載はありません。

ですが逆にこれらの商品の公式サイトで紹介されていない効果
いくつかあるのをご存知でしょうか?

実は口コミを見てみるとさまざまな効果を実感している人もいて、
結構参考になりますし、あなた自身がマキベリーを使用するかどうかの
判断ポイントとなるのではないでしょうか?

そこで、マキベリーを実際に使用した人の口コミで、
紹介されている効果について触れてみたいと思います。

便秘が良くなった

これは私自身が効果を実感したものですので自信を持って紹介します(笑)

これはマキベリーが持っているアンチエイジング効果によるもの
と言われていますが、内臓機能にもアンチエイジング効果がある
というものです。

私は昔から便秘体質であり、1週間に1回程度は当たり前、
ひどいときは10日ほどお通じが来ないということもあります。

これは母も同様であり、まあ遺伝によるものなんだろうと、
正直諦めていたので、特に治そうとも思っていませんでした。

そんなときに全く別の効果を狙ってマキベリーを使用し始めたわけですが、
マキベリーを使用してから、急にお通じが良くなり、
1週間に1回程度だったのが2~3日に1回という頻度までになりました。

いままでどんなに食生活に気を付けていても駄目だったのに、
これには本当に驚きです。

これは口コミでも実際に公開されている効果であり、
私自身が体験してる効果ですので、繰り返しになりますが、
自信を持って紹介できます。

ダイエット効果

これも比較的多い口コミの一つです。

マキベリーってあくまで果物ですので、ダイエットとなんの関連があるの?
と思う方も少なくないかもしれません。

ですが、マキベリーのアンチエイジングによって、
代謝が活発化してくることによって得られる効果の一つです。

アンチエイジングの効果で代謝が活発化されてくれば、
汗をかきやすくなってきます。

汗をかくということは、イメージできると思いますが、
カロリーの消費量が増え、余分なカロリーが体内にとどまりにくくなる
ということになります。

ですので、汗をかくことでカロリーの消費量が上がっていき、
ダイエット効果につながっていくという仕組みになります。

これは私は運動が苦手ということもあり、
そこまで実感したわけではありません。

ですので、便秘よりは自信を持って紹介しにくいです(笑)

ですが、口コミの中では結構な人が効果を実感しているようです。

  • 痩せてきて本当によかった。
  • ジョギングしたときの汗の量が多くなったと思う。
  • すぐに汗をかくようになってきた。

といった口コミもよく見かけるため、
効果を実感している人も多いということでしょう。

また、汗をかくということはカロリーの消費以外にも、
健康面で優れているということができます。

汗をかくということは、体の中に溜まっている老廃物を外に出す
ということになりますので、この作用が活発化されることで、
健康効果につながっていくと考えて良いでしょう。

年齢を重ねていくごとに代謝は衰えていきますので、
どうしても健康面の効果が損なわれてしまうことはやむを得ません。

ですが、この衰えた代謝を再び活性化することで、
ダイエットとともに健康面での効果も期待できることになります。


以上、口コミによる2つの固化をご紹介しました。

マキベリーの優れたポリフェノールによって、
このような効果を実感している方もいますし、
私も同じくその効果を実感しているため、使用しておいて損はないと言えます。

 

マキベリーサプリメントランキングはこちら

 

マキベリーサプリで代謝が良くなる!?その仕組とはどんなもの?

マキベリーサプリメントは、アンチエイジング、美容効果、
疲労回復、視力の回復など、さまざまな場面で効果を発揮すると言われています。

これはマキベリーが持っているポリフェノールが豊富であることによるものでしょう。

さまざまな健康効果を得ることができるとされていますが、
その中の一つに代謝の活発化があります。

代謝が活発化されるということは、汗をかきやすくなるということですし、
それによってダイエット効果も実感しやすくなってきます。

また、汗をかくということは、
体の中に溜まってしまう老廃物を外に出す役割を持っています。

汗をかくことが健康に良いというのはイメージが付くかもしれませんが、
代謝が活発化されることでこの能力も活性化され、
健康効果につながっていくと言われています。

代謝の衰えはいつごろから?

実は私達の代謝の能力は25歳を超えた当たりから能力が衰えてくる
と言われています。

25歳まではどんどん新しい細胞が生み出されることにより、
代謝がよく、汗をかきやすく、健康でいられる場合が多いのです。

ですが、25歳を超えた当たりで細胞を作る能力が落ちていき、
どんどん細胞が古くなってきます。

これはご存知方も多いかもしれませんが、
酸素によってもたらされるものです。

私たちは呼吸によって酸素を体内に取り込みますが、
それは同時に細胞と酸素が化学反応を起こして結合し、
細胞が錆びてしまうのです。

錆びてしまった細胞は本来の能力を発揮することができなくなりますので、
段々と体が衰えていくのです。

これはスポーツ選手なんかをイメージしてみるとわかりやすいと思います。

例えば、スポーツ選手が30代のあたりで自分の能力に限界を感じ、
引退する人が多いのはご存知でしょう。

これは言ってしまえば、
細胞が衰えて本来の能力を発揮できなくなることに関連しますので、
それを自覚することも、引退することもごく自然のことなのです。

これが酸素によって細胞が衰えていくという仕組みです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
これに対してマキベリーの抗酸化力が役立つとされています。

抗酸化力とは酸素と結びついた細胞から、
酸素を切り離し、細胞を活性化させてくれる能力のことであり、
これが優れていることで、細胞の活性化に期待が持てることになります。

マキベリーの抗酸化能力によって、細胞が活性化されますので、
さきほどご紹介した代謝の活発化につながっていくとされています。

ベリー系の中でもマキベリーはダントツ

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと同様に、
ベリー系の果物ということで一括りにされていますが、
原産地はそれぞれ全く異なります。

例えばアサイーベリーはツツジ科の果物になる実といわれており、
原産はブラジルのアマゾンと言われています。

この手の果物は寒い地方であればあるほど成分が濃縮されると言われていますが、
これは意外な結果ですね。

ブラジルと言えば暑いというイメージしかありませんし。

さて、これに対してマキベリーはホルトノキ科の木になる果物であり、
原産もチリの高原地域と言われています。

そして年間気温が低く、寒暖差が少ない地域に向いていると言われています。

さて、これらの果物はベリー系ということで
同等に扱われる場合が多いのですが、含んでいるポリフェノールの量では、
圧倒的にマキベリーが優れているようです。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?
※ORACLE値=抗酸化力のこと。

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと比較してみても、
ダントツに抗酸化力が優れているのがわかりますよね?

アサイーベリーを健康に良いということで、
サプリメントやスムージーを飲んでいる人は多いかもしれませんが、
マキベリーには今一歩及ばないようです。

もしあなたが健康食品などを考えているのであれば、
マキベリーを選択に入れてみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリおすすめランキングはこちら

マキベリーとの出会い、眼鏡の義務が無くなった!?

私は事務の仕事をしており、パソコンを使うのが当たり前の職場で働いています。

ですので、必然的に目が疲れやすくなりますし、
視力の低下も実感してしまいました。

高校時代は1.5ぐらいの視力があり、
その当時は目が悪くなるなんて考えたこともありませんでしたし、
気にもとめていませんでした。

まあ今と違ってスマホなんてものはありませんし、
パソコンも持ってはいませんでしたから。

ここまで書くと年齢がバレてしまいそうですが(笑)

さて、そんな私ですが、パソコンを使用し、プライベートでもスマホを使用、
目を酷使するライフスタイルで過ごしてきて約10年。

視力が0.3~0.4ぐらいになってしまいました。

マジな話、かなり凹みました。

免許更新のときにもメガネ着用が義務付けられてしまい、
それ以降はメガネをするようになってしまいました。

自業自得とはわかっているのですが、
仕事上パソコンを多用するのはどうにもなりませんし、
かと言ってプライベートでスマホを使用してゲームやネットサーフィンをするのも
楽しみの一つですので、我慢することができません。

そこで、最初に試したのがブルーベリーサプリの
市販で売っている安いやつでした。

これで視力が少しでも回復するのであればと思いましたし、
何よりもこのまま視力が落ちたままというのもなんか嫌でしたし。

それで3~4ヶ月ぐらい経った頃でしょうか。

はい、あまり症状は変わりませんでした。

まあ肩こりや頭痛はそれなりに良くなってきたので、
全く効果がない詐欺サプリメントというわけではなかったようですが。

肝心の目の症状だけはどうにもならなかったんです。

私と同じ経験をサれているのであればわかると思いますが、
目がショボショボしていたり、まぶたが重くなっていたり、
ひどいときにはまぶたが痙攣を起こしてしまっている。

こんな症状に悩まされていたのですが、
これだけはなかなか改善されることがありませんでした。

繰り返しになりますが、
詐欺のようなサプリメントというわけではなかったと思います。

問題だったのは私自身のライフスタイルです。

最初にお伝えしたとおり、
私はプライベートでも仕事でもパソコンやスマホをフル活用していましたし、
それは今でも変わりません。

ですので、ブルーベリーの効果以上に目を酷使しすぎていることが
効果を実感できなかった最大の理由だと思っています。

でもやめられないんですよね。

まあ普通の人から見ればやめろと言われそうですが、
楽しみの一つであり、仕事上のストレス解消でもあったので、
こればかりはどうにもならなかったと思います。

ですので、他になにかブルーベリー以上の効果があるものはないか、
そう思って色々探し回っていました。

その頃です。
マキベリーに出会ったのは。

まずブルーベリーの10倍以上のアントシアニンを持っているという点で、
私には救いの果物が舞い降りた!って本気で思いました。

これだ!って直感し、早速試してみることにしました。

すごい高額なものなのかな?って思っていましたが、
正直そこまでではなかったので、購入するのにも躊躇しませんでした。

ブルーベリーよりは流石に高いのですが、成分量を考えてみれば、
そこまで価格差が大きくないと思います。

こんな感じに。

そして使用すること3ヶ月。

これ、マジ話なんですが、免許更新のときに視力が0.8まで回復し、
メガネ着用の義務が無くなったんです。

結局今では眼鏡なしで運転できますし、
驚きの効果だったと思います。

まじでびっくりしました。

マキベリーって最初は??って感じだったのですが、
ここまでの効果があったとは。


以上が私のマキベリー使用の体験談です。

もしあなたが私と同じように目の疲れ、
それに伴う症状に悩まされているのであれば。

マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリメントランキングはこちら

マキベリーはビルベリーよりも優れているのか??

マキベリーは知っている人も少なく、
私自身も存在を知るまでは何それ??って感じでした。

でもビルベリーであればなんとなく知っている人も
多いのではないでしょうか?

最近ではブルーベリーと称する名前のサプリメントであっても、
実際にはビルベリーが使われているものもあります。

その理由としては、もちろんポリフェノールの量や
成分量という点で優れているためです。

であればビルベリーという名前を使ったほうがいいのでは??
というツッコミはこの際置いておくとしましょう。

ではビルベリーとマキベリーではどちらが優れているのでしょう?

実は比べるまでもなく、
マキベリーのほうが圧倒的に優れています。

例えばORAC値をまとめた表を見てみるとこのようになっています。

ORAC値は成分量やポリフェノールによって左右される数値であり、
単純にこの数値が高ければ、もちろんこのORAC値も高くなる傾向にあります。

この中にはビルベリーが入っていません。
※TOP5の中に食い込めないようですね。

ネットでの情報を見てみると、
おおよそビルベリーの成分量はアサイーベリーとブルーベリーの
中間ぐらいなんだとか。

これらを踏まえてみると、
マキベリーとビルベリーって比べるまでもなく、
マキベリーのほうが圧倒的に優れているのがわかりますよね?

マキベリーは子供でも食べることができますが・・・ほんとうに必要?

マキベリーは栄養価が高い果物であり、
ORAC値(抗酸化力)も優れているため、サプリメントとしては、
ブルーベリー、アサイーベリーを超える新しいサプリメントとして位置づけされています。

もしかしたら、マキベリーは子供が食べても大丈夫か?
と疑問を持つ方も少なくないかもしれませんが、
これに関しては全く問題ないと思います。

もとは自然由来の果物ですし、
生産地であるチリでは神の木からなる果物と崇められているようですので。

でもですよ?

ここで疑問になるのが、
健康食品として考えるのであれば、それは健全な子供に必要でしょうか?
ということです。

少なくとも健全な子供にマキベリーの抗酸化力は必要かな?って私は疑問に感じてしまいます。

もちろんパウダーのようにヨーグルトやアイスなどに混ぜて、おやつに一手間加える程度であれば全然かまわないと思います。

ですが、サプリメントのように成分が濃縮されており、
明らかに健康効果を狙って・・・というのであれば、
子供は好まないでしょうし、必要性をあまり感じないかなというのが私の印象です。

また、パウダーも本人が好んでいるのであればいいのですが、
健康のために毎日食べさせる・・・というのも、そこまで必要なの??って思ってしまいます。

繰り返しになりますが、本人が好んでいるなら全然OKですが。

ちなみに私の子供は酸っぱいのが苦手ですので、
酸味があるベリー系の果物はどれも食べたがりません。

ですので、子供が食べても全然問題ないと思いますが、
必ず必要というほどでもないのかな?と思います。

 

マキベリーで紹介されていない効果!?乾燥肌にも??

マキベリーは抗酸化力が高い果物と言われており、
ブルーベリーやアサイーベリーと比較してもかなりの差があります。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?

かなりの抗酸化力を持っており、
さまざまな健康効果に期待できることが分かります。

※表に示されているORAC値というのが抗酸化力を示す数値になります。

では、この抗酸化力によって期待できる効果で、
公式サイトには乗っていないものの、口コミで判明しているもの
をご紹介してみたいと思います。

乾燥肌に対する効果

乾燥肌といえばアトピーなどが有名ですよね?

実際に私自身も、そこまでひどいわけではないのですが、
関節部分が年中乾燥しており、白い粉が出ています。

まあ浮き出ているのはおそらく皮脂でしょう。

これはもう持病と思って諦めていますが、
口コミ情報を色々と見てみると、アトピーの人で、
痒みや乾燥の症状が良くなってきたという意見が見受けられています。

それも、本当にわずか・・・ということではなく、
それなりの人数の方が効果を実感しているようです。

ほんの僅かな口コミであれば紹介しないのですが、
それなりに効果を実感している人がいるため、
ここで紹介させていただくことにしました。

マキベリーが持っている抗酸化力には、
さまざまな健康効果に期待できると言われていますが、
美肌効果に関連して、アトピーなどの皮膚病の症状にも効果があると感じている人がいるようですね。

 

マキベリーは美白に効果があるの?美容効果って関係あるの?

マキベリーが美白効果がある。

このような話を聞いたことがある人は多いかもしれません。

では、この噂話の信憑性はどのぐらいあるのでしょうか?

個人的な主観も含みますが、マキベリーが持っているポリフェノールと栄養価を考慮すれば、決してウソというわけではありません。

ポリフェノールはさまざまな植物に含まれているものであり、
これが健康に良いというのはご存じの方も多いでしょう。

例えばアントシアニンは目に良いとされていますし、
カテキンは便秘や体調改善の効果があると言われています。

ではこれとマキベリーを結びつけてみましょう。

マキベリーのポリフェノールを他のベリー系と比較してみた場合、
下記の表のようになっています。

いかがでしょうか?

かなりの成分量を誇っているのがわかりますよね?

これがマキベリーが優れている理由です。

そしてもう一つ。

忘れてはいけないのが、マキベリーが持っているビタミンです。

マキベリーは栄養価が高いことは先程お伝えしましたが、
ビタミンも豊富に含まれているために、美白効果にもつながると言われており、
実際に口コミなんかを見てみると、肌荒れが良くなったなんていう口コミもかなり見受けられます。

もちろん公式に公表している商品なんかもあります。

ということで、マキベリーは豊富なポリフェノールとビタミンなどの栄養価により、
美白効果や美容効果に優れているとされているのです。

 

 

アントシアニンと紫外線。マキベリーとの関連性は?

マキベリーに含まれているアントシアニンは、
テレビを始め、パソコンやスマートフォンなどから発せられるブルーライトに
有効な成分とされています。

実はこのアントシアニン。

紫外線にも十分な効果があると言われています。

というのも、ブルーライトと紫外線は、
乾燥しやすくなることや光である点がよく似ているためです。

アントシアニンが目の疲れに有効であることは何度か伝えていますが、
これは、目が乾燥しないように保護してくれるという仕組みによるものです。

ですが、保護してくれるのは、もちろん目だけではありません。

例えば紫外線でダメージを受けるとすれば、
やはり肌ですよね?

これにもアントシアニンが有効と言われています。

つまり、紫外線を浴びて乾燥し、肌荒れやくすみ、シミになるのを
アントシアニンが防いでくれるという効果に期待できます。

ブルーライトと違い、紫外線は全身に浴びますので、
このアントシアニンは肌の乾燥を防ぎ、
ダメージを負うのを防いでくれます。

紫外線とアントシアニンにはこのような関係があり、
ブルーライトによる目の疲れを防ぐのと、
根本的な仕組みは一緒ということになりますね。

余談ですが、昔の人はよく言ったと思いますが、
太陽を直接目で見ないようにする。

これ、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

目が紫外線によって乾燥しやすくなるのを防ぐ
という意味合いでもあったようですね。

本当に昔の人の知識というのはバカに出来ませんね。

本能的に知っていた・・・ということになりますから。

 

マキベリーの価格相場を知りたい!実際にはいくらぐらいするのか?

マキベリーは通常いくらぐらいで販売されているのでしょうか?

希少な果物ということもあり、
価格が高い・・・というイメージを持っている方も少なくないようですが、
もちろん商品によってはかなり安いものもあります。

では気になる相場ですが、
安いものであれば2,500円前後で購入することができますし、
高いものであれば5,000円程度になります。

正直な所、価格帯はバラバラです。

とは言え、これにもきちんと理由があり、
マキベリーエキスの他、含まれている成分量の差によるもの
というイメージです。

マキベリーというよりは、それ以外の成分で価格差があるようです。

例えば疲れ目に有効とされているマリーゴールドのルテインや、
イクラなどに含まれているアスタキサンチン
美容効果を狙っているコラーゲンなどです。

こういった成分で価格差が出てきています。

なお、これらの成分による差があるものの、
ほとんどの商品はGMP認定工場で作られており、
決して質が劣るというものではないです。

さて、この価格相場を聞いて高いと思うでしょうか?

店頭販売されている格安サプリメントなどを使用していれば、
少し高く感じてしまうかもしれませんね。

でも、サプリメントは価格と成分量が比例しやすい傾向にあり、
安ければその分の成分量、高ければそれに見合った成分量が有る
という実情があります。

価格を取るか?成分量を取るか?ということになりますね。

マキベリーの販売方法ってどんなもの?

先程の価格相場。

実は、マキベリーをサプリメントにした場合と、
パウダーにした場合の価格相場です。

実はマキベリーはドリンクや食用といった商品が極端に少ないのが現状です。

繰り返しになりますが、
ベリー系の果物の中では最も生産量が少ないため、
販売方法が限られているということになります。

マキベリーを摂るには主にこの2択になります。

 

マキベリーサプリメントはここ!おすすめ通販ランキング!