マキベリーとブルーベリーを比較してみるとこのような結果に!?

健康によい。目の疲れによく効く。

そういった理由でブルーベリーを食べたり、ドリンクを飲んだり、
あるいはサプリメントを服用している方は多いと思います。

実際に私自身パソコンを1日中使用する仕事をしているため、
常にブルーベリーサプリメントなどを使用していました。

ですが、思っていたほど効果はなく、
頭痛や肩こりに悩まされていました。

まあどこでも売っている格安サプリメントであり、
成分量が気休め程度のものだったので仕方がありませんでしたが。

そこで、なにかいいものがないかな?と思っていたところ、
マキベリーの存在を知りました。

マキベリーにはブルーベリーよりも遥かに成分量が豊富である
という特徴があることも知り、早速試してみることにしました。

ちなみに両者の成分を比較してみるとこのような感じだそうです。

目の疲れに有効と言われているのはアントシアニンと呼ばれる
ポリフェノールであるとされています。

そしてこの表を見て分かる通り、マキベリーに含まれているポリフェノールは、
ブルーベリーの14倍とされています。

これだけの成分量の差があれば得られる効果は違うのではないかと思い、
早速試してみることにしました。

その当時はアサイーベリーが流行っていたので、そちらも考えたのですが、この表を見てみると、やはりマキベリーが優秀なようでしたし。

目の疲れや肩こりに悩まされている私にとっては、
とにかく成分量が豊富な方が良いということもあり、
マキベリーを試してみることに。

価格が意外と安かったということもありましたし。

マキベリーのサプリメントは市販品がほとんどなく、
通販で取り扱っているものばかりだったのですが、
アサイーベリーサプリは3,000円程度、ブルーベリーサプリは2,000円程度。

このような価格設定に対して、マキベリーは高いかと思いきや、
2,500円程度で購入できる手頃なサプリメントがあり、
これだ!と瞬間的に思い、早速試してみることにしました。

成分量が豊富でレアな果物と言われているのにもかかわらず、
価格が意外と安いのはとても助かりましたし、
なぜかアサイーベリーサプリよりこっちの方が安かったので。

私が試したサプリメント。

それはクッキリンと呼ばれるものです。

このような商品になります。

マキベリーエキスの配合量もかなり多いのですが、
各種ビタミンはもちろん、アントシアニンと同じ効果を持っていると言われているルテイン。

さらに画像には書かれていませんが、DHAやEPAといった、
血液をサラサラにしてくれる成分もセットで配合されており、
今でもこれ以上のサプリメントにはなかなか見つけられません。

とりあえず目の疲れや頭痛、肩こりなどが良くなればいいやと思って購入してみたのですが、嬉しい特典として、これはタブレットタイプのサプリメントでした。

つまり、味を楽しみつつサプリメントとして使用可能ということです。

この手の果物は酸味が強いイメージが有り、酸っぱいのが苦手な私にとっては、
少し不安もありましたが、普通に甘くて美味しかったです。

で、肝心の効果というと、1ヶ月ほどでだるさや頭痛の症状が良くなってきました。

これ、ウソのように感じますが、マジ話です(笑)

ブルーベリーサプリメントをいくら使用しても駄目だったのに、
マキベリーサプリに切り替えたら、わずか1ヶ月ほどで良くなってきました。

これには本当に驚きました。

アントシアニンの数量が違うだけで、ここまで体調の変化が訪れるとは。

結果的に見ると大正解だったと思います。

マキベリーの味も気に入り、最近ではサプリメントのほか、
パウダーなんかも購入して味を楽しむようになってきました。

ということで、ブルーベリーとマキベリーの比較。

マキベリーの方に軍配が上がりました。

少し高いかもしれませんが、それ以上に効果が得られたと私は思います。

 

マキベリーは鉄分が豊富な果物!実は優れた栄養価を持っています。

マキベリーは優れたポリフェノールを持っているということで、
ブルーベリーやアサイーベリーに変わる果物とされています。

ただし、生産量が絶対的に少ない果物でもあり、
なかなか商品が販売されていないため、どうしても知名度が低くなります。

実はこのマキベリーは、ポリフェノールのほか、
鉄分が豊富な果物と言われています。

鉄分と言えば、人間の血液を作る重要な栄養素の一つですが、
殆どの人がレバーなどをイメージするのではないでしょうか?

貧血を予防するために、レバーを食べている人は多いと思います。

ですが、マキベリーはこのレバーよりも鉄分が豊富な果物であり、
マキベリーを摂るだけでも貧血予防になります。

レバーと言えば、実際に好みが分かれる果物であり、
あまり美味しくない・・そう考えている人も多いのではないでしょうか?

少なくとも私はあのパサパサした感じや生臭い感じが好きではなく、
極力食べたくないと思っていました。

でも貧血になって倒れるのは・・・と思い、不定期ですが、
昼食に食堂でレバニラ炒めなどを食べるようにしています。

でも、いくら味付けが良くても、レバー自体の食感が好きになれず、
どうしたものかなと悩んでいました。

そんなときにマキベリーに出会ったのですが、
レバーよりも鉄分が豊富に含まれているということで、
これだ!と思い、それ以降は、全く食べていないとは言いませんが、
レバーよりもマキベリーを摂ることの方が多くなってきたと思います。

もしあなたが私と同じようにレバーが嫌い。

そう考えているのであれば、
これを機会にマキベリーにしてみるのも一つの手かなと思います。

実はこのベリー系の果物は、全体的に鉄分が豊富という特徴があるようです。

例えば品種こそ違いますが、アサイーベリーなどもありますが、
これも鉄分は豊富な果物であり、栄養素は比較的似ていると言えます。

カルシウムも豊富な果物

実はマキベリーやアサイーベリーが優れている部分はこれだけではありません。

先程の鉄分も豊富であるほか、カルシウムも豊富に含まれているという特徴があります。

カルシウムといえば、牛乳を飲むのが一番の近道ですが、
牛乳って飲めないって言う人も意外に多かったりします。

特に私の子どもは牛乳が嫌いで、好き嫌いが多く、
食事にもかなり気を使うという始末です・・・。

ですがマキベリーは甘くて酸味も少なく、子どもが親しみやすい味でもあるため、
試しにマキベリーのパウダーをヨーグルトに混ぜて食べさせたら、かなり評判が良かったです。

カルシウムも取れて、鉄分も多い。

確かに人気が出る果物であることが分かりますね^^

実はマキベリーは生産量がとても少なく、
店頭で販売されているなんてことはまずありません。

実際にスーパーなどに行ってみれば分かりますが、
ドリンクなどの商品もほとんどなく、自ずと販売形態が限られているようです。

主に販売されている方法は、サプリメントかパウダーの2種類となります。

私はともかくとして、子どもたちはサプリメントを飲むほど体が弱っていませんので、パウダーを購入してみました。

結果は大正解だったようです。

牛乳が嫌いということで、ほとほと困ってはいましたが、
マキベリーを購入して大正解だったと思います。

私自身も健康効果を狙ってマキベリーパウダーを試していますが、
便秘が良くなったり、以前より太りにくくなってきた等、
健康面でも良い効果が出ているのかなと。

そんな栄養が満点のマキベリー。

あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?

実は、マキベリーは販売形態は限られていますが、
ブルーベリーやアサイーベリーとそれほど変わらない価格設定ですので、
大きな負担にもならないというメリットもあります。

 

マキベリーのパウダーは多数販売されているがどれがお得か!?実は・・・

マキベリーはサプリメント、パウダーの2種類がメインとして販売されています。

もちろんスムージーであったり、ドリンクであったりなど、
まったくないとは言いませんが、種類が極端に少なかったり、
他の果物と抱合せで製造されているものがほとんどであり、
手軽に購入できる商品とは言い難いかなと思います。

味を楽しみ、それでいてポリフェノールが豊富なマキベリーを試すのであれば、
パウダーが手頃と言えるでしょう。

さて、マキベリーパウダーはピンからキリまで、
多数の商品が販売されていますが、どの商品がおすすめなのでしょうか?

身も蓋もない言い方をしてしまうと、
どれも大きく変わるようなものではありません。

数量が同じなのに価格が数千円も違う・・・

ということはなく、基本的にはどの商品を購入しても問題ないと思います。

ですが、そんなマキベリー商品を大幅に安くする方法があります。

それは訳アリ品を購入するというものです。

例えばこの商品を見てみてください。

これは基本価格が3,000円程度のマキベリーのパウダーであり、
至って普通のパウダーです。

ですが、これはパッケージに傷がついたことにより、
通常価格では販売できないということで大幅に割引されています。

実際の販売価格は1,300円程度と半額以下の価格で販売されています。

これはあくまで参考例ですが、これ以外にも多数の訳アリ品が出回っており、
本来の価格よりもだいぶ安く購入することができます。

数量限定と書いているので、数が出回っていないのでは?
と考えてしまう方も少なくないかもしれませんが、
これだけではなく、訳アリ品は多数出回っています。

ですので、もしあなたがマキベリーパウダーを探しているのであれば、
このような訳アリ品を購入してみてはいかがでしょうか?

マキベリーをおすすめする理由は?

マキベリーは生産量も少なく、市場でに流通量が基本的に少ないのが現状です。

ですが、マキベリーは需要が高く、
実際に人気が高い商品であることは間違いないようです。

その一つに、ポリフェノールが豊富であるという特徴があります。

ポリフェノールが豊富と言えば、
アサイーベリーなどをイメージする方も多いでしょう。

一時期とても流行っていましたし、最近ではカフェなんかでもよく見かけますので、
知っている方も多いのではないでしょうか?

これはもちろんアサイーベリーが持っているポリフェノールや栄養価の高さによるものです。

このような特徴から、健康に良いという理由で親しまれてきています。

ではマキベリーは果たしてどうなのでしょうか?

実はマキベリーはアサイーベリーを圧倒的に上回るポリフェノールを含んでおり、
さらなる健康効果に期待できると言われています。

例えばこの表を見てみてください。

このポリフェノールの含有量。

見事と言うしかないですよね?

もちろんアサイーベリー自体、鉄分が豊富だったりと、優れた特徴はあります。

一概に劣っている果物というわけではありませんが、
ポリフェノールという点ではマキベリーには遠くおよばないようですね。

これがマキベリーが人気とされている理由です。

セレブ御用達の果物とも言われているため、人気が高い果物なのでしょう。

ちなみに、日本人がマキベリーを好んできている理由って、
もしかしたらこのセレブが使用しているということや、
希少という点に惹かれているのかもしれませんね。

日本人って結構限定品とかに注目が行く傾向があるようです。

私もだったりしますが。

どうしてもおすすめとか限定商品とかに目が言ってしまいがちです。

さて、少し話がそれてしまいましたが、
そんなマキベリーをお得に購入する方法がありますので、
これを機会に試してみてはいかがでしょうか?

マキベリーとの出会い、眼鏡の義務が無くなった!?

私は事務の仕事をしており、パソコンを使うのが当たり前の職場で働いています。

ですので、必然的に目が疲れやすくなりますし、
視力の低下も実感してしまいました。

高校時代は1.5ぐらいの視力があり、
その当時は目が悪くなるなんて考えたこともありませんでしたし、
気にもとめていませんでした。

まあ今と違ってスマホなんてものはありませんし、
パソコンも持ってはいませんでしたから。

ここまで書くと年齢がバレてしまいそうですが(笑)

さて、そんな私ですが、パソコンを使用し、プライベートでもスマホを使用、
目を酷使するライフスタイルで過ごしてきて約10年。

視力が0.3~0.4ぐらいになってしまいました。

マジな話、かなり凹みました。

免許更新のときにもメガネ着用が義務付けられてしまい、
それ以降はメガネをするようになってしまいました。

自業自得とはわかっているのですが、
仕事上パソコンを多用するのはどうにもなりませんし、
かと言ってプライベートでスマホを使用してゲームやネットサーフィンをするのも
楽しみの一つですので、我慢することができません。

そこで、最初に試したのがブルーベリーサプリの
市販で売っている安いやつでした。

これで視力が少しでも回復するのであればと思いましたし、
何よりもこのまま視力が落ちたままというのもなんか嫌でしたし。

それで3~4ヶ月ぐらい経った頃でしょうか。

はい、あまり症状は変わりませんでした。

まあ肩こりや頭痛はそれなりに良くなってきたので、
全く効果がない詐欺サプリメントというわけではなかったようですが。

肝心の目の症状だけはどうにもならなかったんです。

私と同じ経験をサれているのであればわかると思いますが、
目がショボショボしていたり、まぶたが重くなっていたり、
ひどいときにはまぶたが痙攣を起こしてしまっている。

こんな症状に悩まされていたのですが、
これだけはなかなか改善されることがありませんでした。

繰り返しになりますが、
詐欺のようなサプリメントというわけではなかったと思います。

問題だったのは私自身のライフスタイルです。

最初にお伝えしたとおり、
私はプライベートでも仕事でもパソコンやスマホをフル活用していましたし、
それは今でも変わりません。

ですので、ブルーベリーの効果以上に目を酷使しすぎていることが
効果を実感できなかった最大の理由だと思っています。

でもやめられないんですよね。

まあ普通の人から見ればやめろと言われそうですが、
楽しみの一つであり、仕事上のストレス解消でもあったので、
こればかりはどうにもならなかったと思います。

ですので、他になにかブルーベリー以上の効果があるものはないか、
そう思って色々探し回っていました。

その頃です。
マキベリーに出会ったのは。

まずブルーベリーの10倍以上のアントシアニンを持っているという点で、
私には救いの果物が舞い降りた!って本気で思いました。

これだ!って直感し、早速試してみることにしました。

すごい高額なものなのかな?って思っていましたが、
正直そこまでではなかったので、購入するのにも躊躇しませんでした。

ブルーベリーよりは流石に高いのですが、成分量を考えてみれば、
そこまで価格差が大きくないと思います。

こんな感じに。

そして使用すること3ヶ月。

これ、マジ話なんですが、免許更新のときに視力が0.8まで回復し、
メガネ着用の義務が無くなったんです。

結局今では眼鏡なしで運転できますし、
驚きの効果だったと思います。

まじでびっくりしました。

マキベリーって最初は??って感じだったのですが、
ここまでの効果があったとは。


以上が私のマキベリー使用の体験談です。

もしあなたが私と同じように目の疲れ、
それに伴う症状に悩まされているのであれば。

マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリメントランキングはこちら

マキベリーの味はどんな感じ?食べる方法は??

マキベリーはベリー系の果物に分類されていますが、
品種が少し異なるため、当然味も微妙に違ってきます。

例えばアサイーベリーはヤシ科の植物に分類される果物であり、
ブラジルなどが発祥とされています。

これに対してマキベリーはホルトノキ科に分類される果物であり、
品種も違いますし、生産地もチリの高原地帯の一部に限定されています。

これらの理由により、味は微妙に違ってくるようです。

ではマキベリーは他のベリー系の果物と比較してみて、
美味しいのでしょうか?それとも不味いのでしょうか?

ぶっちゃけていうと、人の好みです^^;

ですが、他のベリー系の果物(例えばアサイーベリーやブルーベリーなど)
と比較してみると、酸味が弱めで甘みが強いと言われています。

私は酸味よりも甘さを好むタイプですのでこの点は嬉しい限りですね。

これはアサイードリンクなんかを飲んだことがある人であれば、
なんとなくイメージできるかもしれませんが、
カフェなんかでアサイードリンクを飲んだ場合って、
結構酸っぱいと思いませんでしたか?

アサイーベリーはマキベリーと対象的に甘みが抑えられており、
酸味が強い果物ですのであのような味わいになっています。

そして酸味と相性が良いヨーグルトと合わせることで、
より美味しく飲むことができます。

アサイードリンクがヨーグルトとセットになっているのは、
アサイーベリーの酸味の強さと相性が良いとされているためです。

少し話がそれてしまいましたが、味に関してはあくまで人の好みによりますので、
どれかが優れているということではありません。

確かにポリフェノールの含有量という点で見た場合、
マキベリーが優れているのは間違いありません。

ですが、味という点で見た場合は、完全に人の好みですので、
私と同じように甘みが強い方がよいというのであれば、
マキベリーをおすすめします。

実は食用のマキベリーはあまりない!?

もしあなたが楽天やAmazonといった大手の通販サイトを
利用されているのであればなんとなくイメージできるかもしれませんが、
マキベリーって販売形態が限られているのをご存知でしょうか?

例えばブルーベリーやアサイーベリーであれば、
食用のものが多数販売されています。

ですが、マキベリーに関しては生産量が極端に少ないため、
食用のものがほとんど販売されていません。

マキベリーの味を楽しむためには、
パウダーを購入するのが一般的と言われています。

とは言え、マキベリーの成分の摂取を目的としているのであれば、
やはりパウダーは見劣りしてしまいますね。

そこでおすすめするのが、
味を楽しみながサプリメントのように成分が濃縮されているクッキリンです。

これはサプリメントとくらべても決して見劣りしない成分量を
持っていますが、タブレットタイプで販売されているため、
味を楽しみながらマキベリーの栄養を摂取することができるという特徴があります。

サプリメントを飲んだことがある人は多いと思いますが、
基本的に味がしませんし、あくまで栄養補給や健康目的で
飲んでいる人がほとんどでしょう。

それを覆したのがこのクッキリンになります。

もしあなたがマキベリーの栄養素に興味があり、
更に味を楽しんでみたいと考えているのであれば。

クッキリンを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみ私がく麒麟をおすすめするポイントとして、
価格設定が比較的手頃であるという点です。

先程お伝えしたとおり、マキベリーは他のベリー系の果物と比較して、
生産量が少ないため、希少な果物とされています。

にもかかわらず、1ヶ月分の数量で価格が2,500円程度と、
比較的手頃な価格設定になっています。

5,000円とか10,000円とか、高額なサプリメントが多数販売されている中で、
この価格設定は見事だと思います。

アサイーをマキベリーは凌ぐ!?それは本当なの??

マキベリーは優れた抗酸化力を持ち、ブルーベリーやアサイーを超えるスーパーフルーツとネットで称されているのをよく見かけます。

確かにこの表を見てもらえればそれは何となく分かるでしょう。

いかがでしょうか?

マキベリーが優れていると言われているのはこのポリフェノールの量が圧倒的に優れているからであり、これは紛れもない事実です。

ですが一点誤解のないように言っておけば、
アサイーがマキベリーより劣った果物であると言われば、決してそんなことはないということです。

まずマキベリーとアサイーベリーはそもそも品種が異なります。

アサイーベリーはヤシ科に分類される果物であり、原産地はブラジルと言われています。

そしてブラジルと言えばなんとなくイメージが付くと思いますが、気温は高めであり、熱帯雨林気候の地域です。

この手の果物は寒い地域であるほどより育つと言われていますが、実はアサイーベリーの原産国はブラジルなのです。

これに対してマキベリーはホルトノキ科と呼ばれる品種の果物であり、チリの高原地帯が原産地とされています。

年間の基本は全体的に低めであり、寒暖差が少ないという地方でよく育つと言われています。

気になるアサイーの栄養価は??

繰り返しになりますが、ポリフェノールという点ではアサイーベリーよりもマキベリーのほうが優れているというのは紛れもない事実です。

ですが、アサイーにはマキベリーにはない大きな特徴があり、栄養価という点で優れています。

例えば鉄分。

貧血予防、血流を良くするなどの目的でレバーなんかを食べている人も多いと思いますが、実はアサイーベリーはレバーの約3倍の鉄分が含まれていると言われています。

これ、ウソのように感じますが、本当の話です(笑)

普通果物にこれほどの鉄分が含まれているって誰も思わないですよね?

ですがアサイーベリーにはこれほどの鉄分が含まれているわけです。

この栄養価の高さがアサイーベリーの大きな特徴であり、魅力の一つとも言えるでしょう。

他に優れているのはカルシウムなんかです。

カルシウムに関しては言うまでもありませんが、骨を丈夫にし、骨粗しょう症なんかを予防してくれる効果があると言われていますよね?

実はアサイーベリーには牛乳に勝るとも劣らないカルシウムが含まれているという特徴がありますので、これも大きな魅力といえるのではないでしょうか。

例えばお子さんなんかのおやつなんかにもいいですよね?

私の周りの話を聞いてみると、子どもが牛乳嫌いで飲むヨーグルトをしかたなく飲ませている・・・なんて話もよく聞きます。

そんなときにアサイーベリーなんかも選択肢に入れてみるのも良いのではないでしょうか?


以上の特徴があります。

最初にお伝えしたとおり、最近ではネットの情報やyahoo知恵袋なんかでよくアサイーベリーはもう古いなんてネガティブな意見を見かけます。

ですが半分は本当と言えても、こような優れた特徴があることから、決して劣っている果物というわけではないということになりますね。

そもそもそんなに劣っている果物だったとしたら・・・。

カフェやコンビニなんかで未だに販売されているはずはありませんよね(笑)

おそらくすぐに販売中止になるなり新しい商品に差し替えられたりすると思いませんか?

さて、アサイーベリーはもう古いと思っているあなた。

こんな特徴があるということを参考にしてみてはいかがでしょうか?

マキベリーと違って食用のものも楽天などで販売されていますので、少なくとも用途性は大きいのかな?と感じます。

ここがすごいマキベリーの秘密。ブルーベリーとは比較にならないかも。

もしあなたがブルーベリーやアサイーベリーなどを食べた、
もしくはサプリメントなどを服用したことがあるのであれば、
マキベリーを知っているかもしれませんね。

マキベリーは他のベリー系の果物を圧倒するほどの健康効果に優れています。

マキベリーのここがすごい

マキベリーが優れているとされている理由。

それはズバリ、優れたポリフェノールです。

ポリフェノールが豊富に含まれているということは、
抗酸化力に優れているということであり、血流を良くしたり、
朝のスッキリ、だるさの解消、抵抗力がつく、アンチエイジングなど、
さまざまな効果に期待できることになります。

他のベリー系の果物と比較した場合、
マキベリーはこのようになっています。

他の果物を圧倒するほどポリフェノールが含まれているのがわかると思います。

マキベリーはすごい!と言われているのは、
このポリフェノールが豊富に含まれていることが大きな理由であり、
実際に原産国であるチリでは、マキベリーの木を「神秘の木」として崇めていて、
古来より重宝されてきたと言われています。

もしあなたがこれらの果物に興味があるのであれば、
マキベリーを選ぶのが良いでしょう。

マキベリーサプリメントのおすすめランキングはこちら

マキベリーはビルベリーよりも優れているのか??

マキベリーは知っている人も少なく、
私自身も存在を知るまでは何それ??って感じでした。

でもビルベリーであればなんとなく知っている人も
多いのではないでしょうか?

最近ではブルーベリーと称する名前のサプリメントであっても、
実際にはビルベリーが使われているものもあります。

その理由としては、もちろんポリフェノールの量や
成分量という点で優れているためです。

であればビルベリーという名前を使ったほうがいいのでは??
というツッコミはこの際置いておくとしましょう。

ではビルベリーとマキベリーではどちらが優れているのでしょう?

実は比べるまでもなく、
マキベリーのほうが圧倒的に優れています。

例えばORAC値をまとめた表を見てみるとこのようになっています。

ORAC値は成分量やポリフェノールによって左右される数値であり、
単純にこの数値が高ければ、もちろんこのORAC値も高くなる傾向にあります。

この中にはビルベリーが入っていません。
※TOP5の中に食い込めないようですね。

ネットでの情報を見てみると、
おおよそビルベリーの成分量はアサイーベリーとブルーベリーの
中間ぐらいなんだとか。

これらを踏まえてみると、
マキベリーとビルベリーって比べるまでもなく、
マキベリーのほうが圧倒的に優れているのがわかりますよね?

マキベリーはどこで買えるの?販売店はどこ??

マキベリーは希少な果物であり、どこで購入すれば良いのか?
という点で迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

簡単に言うと、
マキベリー自体の販売を行っていることは殆どありません。

これはやはりマキベリー自体の生産量が少ないためです。

楽天やAmazonを見ても見つかることはまずないでしょう。

というのも、マキベリー自体の販売方法は、

  • サプリメントで成分を濃縮して販売
  • パウダーなどで味を楽しむものとして販売

の2通りがメインであり、
食用のマキベリーというのはなかなか見つかりません。

以上を踏まえて販売しているところであれば、
ぶっちゃけ通販でならどこでも販売していると思って良いです。

パウダー、サプリメントのどちらもそれほど商品の種類がないため、
スーパーなどで手軽に購入できる・・・なんてことはありません。

ですが通販であれば公式サイトや
楽天、Amazonなどの大手通販サイトであれば、
例外なく購入することができます。

ちなみに、サプリメントでおすすめできるのはクッキリンです。

逆に味を楽しみたくてパウダーを購入したいというのであれば、
価格も安く、内容量も比較的多めのこれなんかがおすすめできます。

>>100gを楽天で見る<<

このようにパウダーやサプリであれば、
大抵のところで購入することができます。

 

 

マキベリーの味って美味しいの?本当はどうなの?

マキベリーはブルーベリーやアサイーベリーと同じ分類にされがちですが、
品種が微妙に異なり、産地も違いますので、当然味も異なります。

その違いを比較して見ると・・・?

これら三種類の果物の中で、甘みが出ているのは、
マキベリーが最も強いようで、次にブルーベリー、アサイーベリーのようです。

つまり、アサイーベリーが最も甘さを控えているという形になります。

これはアサイーベリーのドリンクなんかを飲んだことがある人は分かると思います。

そんなに甘くないですよね?

ヨーグルトなんかと一緒であれば話は別ですが、
思っていたよりも甘さがないと感じる方も多いようです。

もちろんこれが悪いということではありません。

人それぞれ好みが違うでしょうし。

さて、次に酸味についてです。

酸味が最も強いのはアサイーベリー、ついでブルーベリー、マキベリーとなっているようです。

※ブルーベリーとマキベリーはあまり変わらないようです。

それぞれの味わいについては、このようなイメージです。

繰り返しになりますが、
どれが優れているということではなく、単純に好みの問題かなと思います。

また、栄養価が高ければ不味い・・・というイメージを持っている方も少なくないようですが、ポリフェノールが最も優れているマキベリーでも美味しいと評判のようですので、一概に味と成分量はマッチするということでもなさそうですね。