当サイト厳選!

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

>>ランキングはこちら<<

マキベリーは妊娠中に使用してもよいの?どうなの?

マキベリーはポリフェノールが非常に優れた果物であり、
同じベリー系の果物であるアサイーやブルーベリーよりも含有量が多いです。

例えばこの表を見てみてください。

これを見てみもらえれば分かりますが、
マキベリーのポリフェノールが圧倒的に優れているのが分かります。

ポリフェノールが優れているということは、抗酸化力に優れているということであり、アンチエイジング、代謝の活発化、あるいはダイエットなど、
さまざまな効果に期待できることになります。

では、このマキベリー。

妊娠中に使用しても大丈夫なのでしょうか?

これはどの果物にでも言えることですが、
妊娠中は各種ビタミンを積極的に取っていく必要があるため、
果物は食べていく方が望ましいです。

そしてこれはマキベリーも例外ではありません。

マキベリーはポリフェノールはもちろん、
ビタミンも豊富に含まれているため、妊娠中に摂っておいて損はないでしょう。

特にビタミンCが優れているという特徴があります。

ビタミンCは妊娠中に欠かせないビタミンの一つであり、
葉酸と同様に摂取しておくべきビタミンでもあります。

マキベリー自体、自然の果物ですので、
摂取しておいて損はないでしょう。

また、カルシウムが優れているという特徴もありますので、
牛乳が苦手な方にもおすすめすることができます。

特に私は昔から牛乳が苦手だったので、
マキベリーを使用するようになってから、だいぶ助かっています。

妊娠中あhカルシウムにも気を配らなければならないため、
この点は非常にありがたいですね。

また、繰り返しになりますが、抗酸化力に優れた果物であり、
アンチエイジング効果を始めとしたさまざまな健康効果に期待できますし、
もちろん美容効果にも期待できます。

妊娠中、授乳中、育児中であっても、
美容に気を配りたいというのが本音ではないでしょうか?

その場合、マキベリーを使用しておいて損はないでしょうし、
繰り返しになりますが、あくまでも自然の果物ですので、
妊娠中でも問題ないと考えて良いでしょう。

なお、科学的根拠雨が未だに明確にはなっていないものの、
ビタミンCに関しては、抵抗力を強化するということもありますが、
つわりを軽減してくれる効果があると言われています。

妊娠中に酸味が強い果物が好まれやすくなってくるのは、
ビタミンCが豊富に含まれている果物の酸味によるものといわれています。

食用のマキベリーってあるの?

実はマキベリーは世界中の中でも一部の地域でしか生産されていない果物であり、
食用のものはまず販売されていません。

ブルーベリーやアサイーベリーなどは比較的流通量もあるのですが、
マキベリーはなかなか例がなく、食用のものを探すのは難しいでしょう。

そこでおすすめするのがサプリメント、パウダーです。

これらは種類が豊富とは言い難いのですが、それなりに販売されており、
品切れになるということはまずありませんので、
マキベリーを試すのにはうってつけと言えるでしょう。

ただし、市場流通しているほどではなく、
基本的に通販で購入することになります。

気になる価格設定は?

マキベリーは希少な果物ということもありますし、
栄養価が非常に高いという特徴があるため、価格が高いと思う方も少なくないようです。

ですが実は、他のサプリメントと同じ程度の価格で購入することができます。

例えばクッキリン。

これはマキベリーエキスのほか、DHAなどを含んでいるサプリメントですが、
通常価格が2,500円程度であり、比較的手頃な価格設定といえます。

もしあなたが妊娠中で、マキベリーを使用しても大丈夫か?
と考えているのであれば、まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

少なくとも使用しておいて損はない果物と言えるでしょう。

 

マキベリーサプリメントおすすめランキングはこちら

コメントを残す