当サイト厳選!

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

>>ランキングはこちら<<

アサイーをマキベリーは凌ぐ!?それは本当なの??

マキベリーは優れた抗酸化力を持ち、ブルーベリーやアサイーを超えるスーパーフルーツとネットで称されているのをよく見かけます。

確かにこの表を見てもらえればそれは何となく分かるでしょう。

いかがでしょうか?

マキベリーが優れていると言われているのはこのポリフェノールの量が圧倒的に優れているからであり、これは紛れもない事実です。

ですが一点誤解のないように言っておけば、
アサイーがマキベリーより劣った果物であると言われば、決してそんなことはないということです。

まずマキベリーとアサイーベリーはそもそも品種が異なります。

アサイーベリーはヤシ科に分類される果物であり、原産地はブラジルと言われています。

そしてブラジルと言えばなんとなくイメージが付くと思いますが、気温は高めであり、熱帯雨林気候の地域です。

この手の果物は寒い地域であるほどより育つと言われていますが、実はアサイーベリーの原産国はブラジルなのです。

これに対してマキベリーはホルトノキ科と呼ばれる品種の果物であり、チリの高原地帯が原産地とされています。

年間の基本は全体的に低めであり、寒暖差が少ないという地方でよく育つと言われています。

気になるアサイーの栄養価は??

繰り返しになりますが、ポリフェノールという点ではアサイーベリーよりもマキベリーのほうが優れているというのは紛れもない事実です。

ですが、アサイーにはマキベリーにはない大きな特徴があり、栄養価という点で優れています。

例えば鉄分。

貧血予防、血流を良くするなどの目的でレバーなんかを食べている人も多いと思いますが、実はアサイーベリーはレバーの約3倍の鉄分が含まれていると言われています。

これ、ウソのように感じますが、本当の話です(笑)

普通果物にこれほどの鉄分が含まれているって誰も思わないですよね?

ですがアサイーベリーにはこれほどの鉄分が含まれているわけです。

この栄養価の高さがアサイーベリーの大きな特徴であり、魅力の一つとも言えるでしょう。

他に優れているのはカルシウムなんかです。

カルシウムに関しては言うまでもありませんが、骨を丈夫にし、骨粗しょう症なんかを予防してくれる効果があると言われていますよね?

実はアサイーベリーには牛乳に勝るとも劣らないカルシウムが含まれているという特徴がありますので、これも大きな魅力といえるのではないでしょうか。

例えばお子さんなんかのおやつなんかにもいいですよね?

私の周りの話を聞いてみると、子どもが牛乳嫌いで飲むヨーグルトをしかたなく飲ませている・・・なんて話もよく聞きます。

そんなときにアサイーベリーなんかも選択肢に入れてみるのも良いのではないでしょうか?


以上の特徴があります。

最初にお伝えしたとおり、最近ではネットの情報やyahoo知恵袋なんかでよくアサイーベリーはもう古いなんてネガティブな意見を見かけます。

ですが半分は本当と言えても、こような優れた特徴があることから、決して劣っている果物というわけではないということになりますね。

そもそもそんなに劣っている果物だったとしたら・・・。

カフェやコンビニなんかで未だに販売されているはずはありませんよね(笑)

おそらくすぐに販売中止になるなり新しい商品に差し替えられたりすると思いませんか?

さて、アサイーベリーはもう古いと思っているあなた。

こんな特徴があるということを参考にしてみてはいかがでしょうか?

マキベリーと違って食用のものも楽天などで販売されていますので、少なくとも用途性は大きいのかな?と感じます。

コメントを残す