マキベリーサプリで代謝が良くなる!?その仕組とはどんなもの?

マキベリーサプリメントは、アンチエイジング、美容効果、
疲労回復、視力の回復など、さまざまな場面で効果を発揮すると言われています。

これはマキベリーが持っているポリフェノールが豊富であることによるものでしょう。

さまざまな健康効果を得ることができるとされていますが、
その中の一つに代謝の活発化があります。

代謝が活発化されるということは、汗をかきやすくなるということですし、
それによってダイエット効果も実感しやすくなってきます。

また、汗をかくということは、
体の中に溜まってしまう老廃物を外に出す役割を持っています。

汗をかくことが健康に良いというのはイメージが付くかもしれませんが、
代謝が活発化されることでこの能力も活性化され、
健康効果につながっていくと言われています。

代謝の衰えはいつごろから?

実は私達の代謝の能力は25歳を超えた当たりから能力が衰えてくる
と言われています。

25歳まではどんどん新しい細胞が生み出されることにより、
代謝がよく、汗をかきやすく、健康でいられる場合が多いのです。

ですが、25歳を超えた当たりで細胞を作る能力が落ちていき、
どんどん細胞が古くなってきます。

これはご存知方も多いかもしれませんが、
酸素によってもたらされるものです。

私たちは呼吸によって酸素を体内に取り込みますが、
それは同時に細胞と酸素が化学反応を起こして結合し、
細胞が錆びてしまうのです。

錆びてしまった細胞は本来の能力を発揮することができなくなりますので、
段々と体が衰えていくのです。

これはスポーツ選手なんかをイメージしてみるとわかりやすいと思います。

例えば、スポーツ選手が30代のあたりで自分の能力に限界を感じ、
引退する人が多いのはご存知でしょう。

これは言ってしまえば、
細胞が衰えて本来の能力を発揮できなくなることに関連しますので、
それを自覚することも、引退することもごく自然のことなのです。

これが酸素によって細胞が衰えていくという仕組みです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
これに対してマキベリーの抗酸化力が役立つとされています。

抗酸化力とは酸素と結びついた細胞から、
酸素を切り離し、細胞を活性化させてくれる能力のことであり、
これが優れていることで、細胞の活性化に期待が持てることになります。

マキベリーの抗酸化能力によって、細胞が活性化されますので、
さきほどご紹介した代謝の活発化につながっていくとされています。

ベリー系の中でもマキベリーはダントツ

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと同様に、
ベリー系の果物ということで一括りにされていますが、
原産地はそれぞれ全く異なります。

例えばアサイーベリーはツツジ科の果物になる実といわれており、
原産はブラジルのアマゾンと言われています。

この手の果物は寒い地方であればあるほど成分が濃縮されると言われていますが、
これは意外な結果ですね。

ブラジルと言えば暑いというイメージしかありませんし。

さて、これに対してマキベリーはホルトノキ科の木になる果物であり、
原産もチリの高原地域と言われています。

そして年間気温が低く、寒暖差が少ない地域に向いていると言われています。

さて、これらの果物はベリー系ということで
同等に扱われる場合が多いのですが、含んでいるポリフェノールの量では、
圧倒的にマキベリーが優れているようです。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?
※ORACLE値=抗酸化力のこと。

マキベリーはブルーベリー、アサイーベリーなどと比較してみても、
ダントツに抗酸化力が優れているのがわかりますよね?

アサイーベリーを健康に良いということで、
サプリメントやスムージーを飲んでいる人は多いかもしれませんが、
マキベリーには今一歩及ばないようです。

もしあなたが健康食品などを考えているのであれば、
マキベリーを選択に入れてみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリおすすめランキングはこちら

マキベリーが美容に良いとされている理由は何?実は抗酸化力によるもの

マキベリーは従来より美容に良い果物と言われてきました。

これは同系列の果物であるアサイーベリーなんかを
例に挙げるとわかりやすいかと思います。

アサイーベリーは健康に良い、美容に良い・・・。

何となくそのようなイメージが有るのではないでしょうか?

これはもちろんガセ情報といった類のものではなく、
アサイーベリーが持っている抗酸化力によるものです。

抗酸化力とは、一言で言えば酸素に対して抵抗する力と言われています。

当たり前の話ですが一応説明しておくと、
私たちは酸素によって生命活動を維持しています。

ですがそれは細胞が酸素と結合する、
いわゆる酸化することになります。

参加した物質は錆びてしまい、
従来と同じように活動することができなくなります。

例えば錆びた車なんかをイメージしてもらえれば分かりますが、
古い車が錆びているのを見たことがある人は多いでしょう。

これはもちろん、酸素によって車の鉄が錆びてしまい、
酸化しているということであり、元通りのツヤが出てこなくなります。

これは私達でも同様であり、
呼吸によって酸素を体内に取り込みますが、
同時に酸素によって細胞が酸化してしまうということになるのです。

これは人間の仕組みである以上やむを得ないものと言われていますが、
これに対して抗酸化力が存在します。

抗酸化力とは、酸化した細胞から酸素を切り離す能力のことであり、
この数値が優れているということは、
細胞の活性化に期待が持てるということになります。

これが美容面で効果を発揮します。

肌の細胞が酸素によって酸化したものを、
酸素から切り離してくれることにより、肌の細胞がある程度活性化されます。

そして、繰り返しになりますが、
アサイーベリーなどはこの抗酸化力が優れているため、
美容に良い果物と言われています。

マキベリーのすすめ

ではマキベリーはどうなのでしょうか?

実はマキベリーはこの抗酸化力が更に高い果物と言われており、
単純にアサイーベリーの数倍はあると言われています。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?

マキベリーの抗酸化力は他のベリー系の果物を圧倒し、
ダントツの1位になっているのがわかりますか?

マキベリーが非常に優れているとされているのは、
この抗酸化力が高いことが要因と言えるでしょう。

もともとマキベリーは国内では生産されておらず、
世界でも生産されている場所が限られている希少な果物です。

ですので、知名度という点ではかなり低く、
生産量も決して多いわけではありませんが、
それでもブルーベリーやアサイーベリーなどのサプリメントと、
同じぐらいの価格設定で提供されています。

もしあなたが美容効果を狙ってブルーベリーなどを考えているのであれば、
マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリランキングはこちら

活性酸素とマキベリーの関係はどうなの?効果があるの?

今更言うまでもありませんが、
私達は呼吸によって酸素を体内に取り入れています。

酸素が血液を巡回し、栄養素を運ぶことで生命活動を維持しています。

とまあ、今更言うまでもありませんよね?

では、活性酸素と呼ばれるものを聞いたことがあるでしょうか?

名前だけを聞けば非常に体に良い成分のように感じますが、
実は全くの逆です。

この活性酸素は私達の細胞を死滅させる効果があり、
決して体によい影響を及ぼすものではありません。

ですので、活性酸素が体に吸収されるのをできるだけ防ぐことが
望ましいでしょう。

とは言え、活性酸素は目に見えるものではないため、
自分の意志でどうにかできるものではないということでもあります。

では、活性酸素に関しては諦めるしかないのでしょうか?

もちろん答えはNOです。

ORAC値と活性酸素

ところであなたはORAC値というものをご存知でしょうか?

これは別名抗酸化力を示す数値であり、
酸素によって私達の体が錆びてしまうのを防ぐ数値とも言われています。

ではこのORAC値が高いとどうなるのか?

それは、活性酸素を除去してくれることにもつながるのです。

ですので、このORAC値が高い食べ物を積極的に食べていくことが
活性酸素を防ぐ手段の一つと言えるでしょう。

マキベリーと活性酸素

では、マキベリーと活性酸素はどのような関係があるのでしょうか?

実はマキベリーはポリフェノールがダントツに優れており、
このORAC値が非常に高い果物とされています。

例えばこの表を見てみてください。

いかがでしょうか?

ORAC値が比較的高く、健康によいとされている
ブルーベリー、アサイーベリーを抑え、トップに君臨しているのがわかりますか?

マキベリーが健康に良いとされているのは
このORAC値が高いことが理由と言われています。

ちなみに、主な生産地であるチリでは神々の木に宿る果物と言われており、
従来より健康に良いとされてきたようです。

マキベリーをおすすめする理由は?

実はマキベリーをおすすめする理由の一つに、
効果がありながら価格が手頃であるというものがあります。

最近では、成分を濃縮したブルーベリーサプリ、
アサイーベリーサプリなどが主流となっています。

そして成分を濃縮している分、価格も3,000円以上と
比較的高いイメージがあります。

マキベリーはORAC値が高いとされていながらも、
1ヶ月分の数量で2,500円程度と比較的手頃な価格設定になっています。

いい意味で価格と成分量のバランスが取れていないとも言えるでしょう。

マキベリーはチリの一部でしか生産されておらず、
希少な果物であることは間違いないのですが、
それでもサプリメントの価格は底まで高くはないため、
もしあなたがブルーベリーなどのサプリメントを使用しているのであれば。

マキベリーサプリメントを試してみるのも良いのではないでしょうか?

 

マキベリーサプリランキングへ

マキベリーとの出会い、眼鏡の義務が無くなった!?

私は事務の仕事をしており、パソコンを使うのが当たり前の職場で働いています。

ですので、必然的に目が疲れやすくなりますし、
視力の低下も実感してしまいました。

高校時代は1.5ぐらいの視力があり、
その当時は目が悪くなるなんて考えたこともありませんでしたし、
気にもとめていませんでした。

まあ今と違ってスマホなんてものはありませんし、
パソコンも持ってはいませんでしたから。

ここまで書くと年齢がバレてしまいそうですが(笑)

さて、そんな私ですが、パソコンを使用し、プライベートでもスマホを使用、
目を酷使するライフスタイルで過ごしてきて約10年。

視力が0.3~0.4ぐらいになってしまいました。

マジな話、かなり凹みました。

免許更新のときにもメガネ着用が義務付けられてしまい、
それ以降はメガネをするようになってしまいました。

自業自得とはわかっているのですが、
仕事上パソコンを多用するのはどうにもなりませんし、
かと言ってプライベートでスマホを使用してゲームやネットサーフィンをするのも
楽しみの一つですので、我慢することができません。

そこで、最初に試したのがブルーベリーサプリの
市販で売っている安いやつでした。

これで視力が少しでも回復するのであればと思いましたし、
何よりもこのまま視力が落ちたままというのもなんか嫌でしたし。

それで3~4ヶ月ぐらい経った頃でしょうか。

はい、あまり症状は変わりませんでした。

まあ肩こりや頭痛はそれなりに良くなってきたので、
全く効果がない詐欺サプリメントというわけではなかったようですが。

肝心の目の症状だけはどうにもならなかったんです。

私と同じ経験をサれているのであればわかると思いますが、
目がショボショボしていたり、まぶたが重くなっていたり、
ひどいときにはまぶたが痙攣を起こしてしまっている。

こんな症状に悩まされていたのですが、
これだけはなかなか改善されることがありませんでした。

繰り返しになりますが、
詐欺のようなサプリメントというわけではなかったと思います。

問題だったのは私自身のライフスタイルです。

最初にお伝えしたとおり、
私はプライベートでも仕事でもパソコンやスマホをフル活用していましたし、
それは今でも変わりません。

ですので、ブルーベリーの効果以上に目を酷使しすぎていることが
効果を実感できなかった最大の理由だと思っています。

でもやめられないんですよね。

まあ普通の人から見ればやめろと言われそうですが、
楽しみの一つであり、仕事上のストレス解消でもあったので、
こればかりはどうにもならなかったと思います。

ですので、他になにかブルーベリー以上の効果があるものはないか、
そう思って色々探し回っていました。

その頃です。
マキベリーに出会ったのは。

まずブルーベリーの10倍以上のアントシアニンを持っているという点で、
私には救いの果物が舞い降りた!って本気で思いました。

これだ!って直感し、早速試してみることにしました。

すごい高額なものなのかな?って思っていましたが、
正直そこまでではなかったので、購入するのにも躊躇しませんでした。

ブルーベリーよりは流石に高いのですが、成分量を考えてみれば、
そこまで価格差が大きくないと思います。

こんな感じに。

そして使用すること3ヶ月。

これ、マジ話なんですが、免許更新のときに視力が0.8まで回復し、
メガネ着用の義務が無くなったんです。

結局今では眼鏡なしで運転できますし、
驚きの効果だったと思います。

まじでびっくりしました。

マキベリーって最初は??って感じだったのですが、
ここまでの効果があったとは。


以上が私のマキベリー使用の体験談です。

もしあなたが私と同じように目の疲れ、
それに伴う症状に悩まされているのであれば。

マキベリーを試してみてはいかがでしょうか?

 

マキベリーサプリメントランキングはこちら

マキベリーの味はどんな感じ?食べる方法は??

マキベリーはベリー系の果物に分類されていますが、
品種が少し異なるため、当然味も微妙に違ってきます。

例えばアサイーベリーはヤシ科の植物に分類される果物であり、
ブラジルなどが発祥とされています。

これに対してマキベリーはホルトノキ科に分類される果物であり、
品種も違いますし、生産地もチリの高原地帯の一部に限定されています。

これらの理由により、味は微妙に違ってくるようです。

ではマキベリーは他のベリー系の果物と比較してみて、
美味しいのでしょうか?それとも不味いのでしょうか?

ぶっちゃけていうと、人の好みです^^;

ですが、他のベリー系の果物(例えばアサイーベリーやブルーベリーなど)
と比較してみると、酸味が弱めで甘みが強いと言われています。

私は酸味よりも甘さを好むタイプですのでこの点は嬉しい限りですね。

これはアサイードリンクなんかを飲んだことがある人であれば、
なんとなくイメージできるかもしれませんが、
カフェなんかでアサイードリンクを飲んだ場合って、
結構酸っぱいと思いませんでしたか?

アサイーベリーはマキベリーと対象的に甘みが抑えられており、
酸味が強い果物ですのであのような味わいになっています。

そして酸味と相性が良いヨーグルトと合わせることで、
より美味しく飲むことができます。

アサイードリンクがヨーグルトとセットになっているのは、
アサイーベリーの酸味の強さと相性が良いとされているためです。

少し話がそれてしまいましたが、味に関してはあくまで人の好みによりますので、
どれかが優れているということではありません。

確かにポリフェノールの含有量という点で見た場合、
マキベリーが優れているのは間違いありません。

ですが、味という点で見た場合は、完全に人の好みですので、
私と同じように甘みが強い方がよいというのであれば、
マキベリーをおすすめします。

実は食用のマキベリーはあまりない!?

もしあなたが楽天やAmazonといった大手の通販サイトを
利用されているのであればなんとなくイメージできるかもしれませんが、
マキベリーって販売形態が限られているのをご存知でしょうか?

例えばブルーベリーやアサイーベリーであれば、
食用のものが多数販売されています。

ですが、マキベリーに関しては生産量が極端に少ないため、
食用のものがほとんど販売されていません。

マキベリーの味を楽しむためには、
パウダーを購入するのが一般的と言われています。

とは言え、マキベリーの成分の摂取を目的としているのであれば、
やはりパウダーは見劣りしてしまいますね。

そこでおすすめするのが、
味を楽しみながサプリメントのように成分が濃縮されているクッキリンです。

これはサプリメントとくらべても決して見劣りしない成分量を
持っていますが、タブレットタイプで販売されているため、
味を楽しみながらマキベリーの栄養を摂取することができるという特徴があります。

サプリメントを飲んだことがある人は多いと思いますが、
基本的に味がしませんし、あくまで栄養補給や健康目的で
飲んでいる人がほとんどでしょう。

それを覆したのがこのクッキリンになります。

もしあなたがマキベリーの栄養素に興味があり、
更に味を楽しんでみたいと考えているのであれば。

クッキリンを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみ私がく麒麟をおすすめするポイントとして、
価格設定が比較的手頃であるという点です。

先程お伝えしたとおり、マキベリーは他のベリー系の果物と比較して、
生産量が少ないため、希少な果物とされています。

にもかかわらず、1ヶ月分の数量で価格が2,500円程度と、
比較的手頃な価格設定になっています。

5,000円とか10,000円とか、高額なサプリメントが多数販売されている中で、
この価格設定は見事だと思います。

アサイーをマキベリーは凌ぐ!?それは本当なの??

マキベリーは優れた抗酸化力を持ち、ブルーベリーやアサイーを超えるスーパーフルーツとネットで称されているのをよく見かけます。

確かにこの表を見てもらえればそれは何となく分かるでしょう。

いかがでしょうか?

マキベリーが優れていると言われているのはこのポリフェノールの量が圧倒的に優れているからであり、これは紛れもない事実です。

ですが一点誤解のないように言っておけば、
アサイーがマキベリーより劣った果物であると言われば、決してそんなことはないということです。

まずマキベリーとアサイーベリーはそもそも品種が異なります。

アサイーベリーはヤシ科に分類される果物であり、原産地はブラジルと言われています。

そしてブラジルと言えばなんとなくイメージが付くと思いますが、気温は高めであり、熱帯雨林気候の地域です。

この手の果物は寒い地域であるほどより育つと言われていますが、実はアサイーベリーの原産国はブラジルなのです。

これに対してマキベリーはホルトノキ科と呼ばれる品種の果物であり、チリの高原地帯が原産地とされています。

年間の基本は全体的に低めであり、寒暖差が少ないという地方でよく育つと言われています。

気になるアサイーの栄養価は??

繰り返しになりますが、ポリフェノールという点ではアサイーベリーよりもマキベリーのほうが優れているというのは紛れもない事実です。

ですが、アサイーにはマキベリーにはない大きな特徴があり、栄養価という点で優れています。

例えば鉄分。

貧血予防、血流を良くするなどの目的でレバーなんかを食べている人も多いと思いますが、実はアサイーベリーはレバーの約3倍の鉄分が含まれていると言われています。

これ、ウソのように感じますが、本当の話です(笑)

普通果物にこれほどの鉄分が含まれているって誰も思わないですよね?

ですがアサイーベリーにはこれほどの鉄分が含まれているわけです。

この栄養価の高さがアサイーベリーの大きな特徴であり、魅力の一つとも言えるでしょう。

他に優れているのはカルシウムなんかです。

カルシウムに関しては言うまでもありませんが、骨を丈夫にし、骨粗しょう症なんかを予防してくれる効果があると言われていますよね?

実はアサイーベリーには牛乳に勝るとも劣らないカルシウムが含まれているという特徴がありますので、これも大きな魅力といえるのではないでしょうか。

例えばお子さんなんかのおやつなんかにもいいですよね?

私の周りの話を聞いてみると、子どもが牛乳嫌いで飲むヨーグルトをしかたなく飲ませている・・・なんて話もよく聞きます。

そんなときにアサイーベリーなんかも選択肢に入れてみるのも良いのではないでしょうか?


以上の特徴があります。

最初にお伝えしたとおり、最近ではネットの情報やyahoo知恵袋なんかでよくアサイーベリーはもう古いなんてネガティブな意見を見かけます。

ですが半分は本当と言えても、こような優れた特徴があることから、決して劣っている果物というわけではないということになりますね。

そもそもそんなに劣っている果物だったとしたら・・・。

カフェやコンビニなんかで未だに販売されているはずはありませんよね(笑)

おそらくすぐに販売中止になるなり新しい商品に差し替えられたりすると思いませんか?

さて、アサイーベリーはもう古いと思っているあなた。

こんな特徴があるということを参考にしてみてはいかがでしょうか?

マキベリーと違って食用のものも楽天などで販売されていますので、少なくとも用途性は大きいのかな?と感じます。