当サイト厳選!

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

>>ランキングはこちら<<

アントシアニンと紫外線。マキベリーとの関連性は?

マキベリーに含まれているアントシアニンは、
テレビを始め、パソコンやスマートフォンなどから発せられるブルーライトに
有効な成分とされています。

実はこのアントシアニン。

紫外線にも十分な効果があると言われています。

というのも、ブルーライトと紫外線は、
乾燥しやすくなることや光である点がよく似ているためです。

アントシアニンが目の疲れに有効であることは何度か伝えていますが、
これは、目が乾燥しないように保護してくれるという仕組みによるものです。

ですが、保護してくれるのは、もちろん目だけではありません。

例えば紫外線でダメージを受けるとすれば、
やはり肌ですよね?

これにもアントシアニンが有効と言われています。

つまり、紫外線を浴びて乾燥し、肌荒れやくすみ、シミになるのを
アントシアニンが防いでくれるという効果に期待できます。

ブルーライトと違い、紫外線は全身に浴びますので、
このアントシアニンは肌の乾燥を防ぎ、
ダメージを負うのを防いでくれます。

紫外線とアントシアニンにはこのような関係があり、
ブルーライトによる目の疲れを防ぐのと、
根本的な仕組みは一緒ということになりますね。

余談ですが、昔の人はよく言ったと思いますが、
太陽を直接目で見ないようにする。

これ、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

目が紫外線によって乾燥しやすくなるのを防ぐ
という意味合いでもあったようですね。

本当に昔の人の知識というのはバカに出来ませんね。

本能的に知っていた・・・ということになりますから。

 

コメントを残す