当サイト厳選!

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

>>ランキングはこちら<<

マキベリーとアサイーベリーとブルーベリー。これらはどう違うの?

ブルーベリー、アサイーベリーを知っている人は多いと思いますが、
マキベリーに関しては希少な果物であるということで、
若干マイナーとも言えます。

これらは同じくベリーという名前が付いていますので、
全く同じ分類の果物と勘違いしている方も少なくないようですね。

少なくとも私は全部同じ分類だと思っていました^^;

では、それぞれにはどのような違いがあるのか?について
簡単に触れていきたいと思います。

それぞれの特徴とは?

まずブルーベリーについてですが、
これはツツジ科の植物になる実であり、
日本でも生産量はそれなりにあります。

見た目は比較的青くなっているような印象があります。

ほんのりと甘く、そして酸味が有るのが特徴ですが、
最近ではスムージーやサプリメントが大半を占めていますし、
そのまま食べるということはあまり無いようですね。

他のベリーと同じく、アントシアニンが豊富であるという特徴がありますし、
ビタミンなどの栄養も含まれており、健康に良い果物とされています。

次にアサイーベリーです。

これはヤシ科の果物であり、大本の原産はブラジルと言われています。

南米の気候によく馴染むようですが、
日本でも僅かながら生産されているのも事実です。

ブルーベリーと比較すると、酸味が強いイメージが有ります。

これはアサイードリンクなんかを飲んだことがあれば
なんとなくわかると思いますが、少し酸っぱいかな?という印象です。

ブルーベリーよりも全体的に成分量が豊富なほか、
鉄分、カルシウムなど、ブルーベリーとは少し違う栄養価が有ります。

市場流通量もブルーベリーより少ないため、
基本価格は少し高いかなと思います。

さて、最後にマキベリーですが、
これはホルトノキ科に分類される果物であり、
実の大きさがアサイーベリーやブルーベリーより小さく、原産国はチリです。

日本では全く生産されていない、ベリー系でも最も希少な果物と言えます。

ブルーベリーと同じく、酸味があり甘いという特徴があります。

生産量が少ないためか、
ブルーベリーやアサイーベリーより知名度が低く、
食用に販売されていることも少ないです。

大抵はパウダーやサプリメントで販売されていますので、
味を楽しみたい場合はパウダー、
成分量を重視するならサプリメントと言ったところでしょう。

ポリフェノールの含有量は他のベリーを圧倒するほど豊富なのが特徴であり、
栄養価という点ではマキベリーに勝るものはありません。

なお、アサイーベリーと価格差があまり無いため、
個人的にはこちらの方がおすすめできます。

 

以上がそれぞれの特徴になります。

どれも原産国が違いますし、
栄養価もポリフェノール含有量も微妙に違います。

価格という点ではブルーベリーが一番手頃ですが、
成分量という点ではアサイー、マキベリーということになります。

 

マキベリーサプリメント!通販ランキング!

コメントを残す